2018/06/24

『未来ラジオと人工鳩』体験版 感想

公式はこちら。
laplacian『未来ラジオと人工鳩』応援中!
SFエロゲーメーカー、Laplacianの3作目である
『未来ラジオと人工鳩』を体験してみました。

日常会話はシモネタ多め…というか童貞弄りが多いですね。
個人的には好きなタイプの会話ではあるのですが、
ワンパターンでもあるので早めに飽きてしまう危険性も。
体験版の範囲では飽きなかったですけど、
今後はもう少しバリエーションが欲しいところです。

会話の面白さは妹に依存している面が多く、
妹がいなくなると途端にパワーダウンするのは難点か。
主人公のちょっと天然気味の性格も悪くないですが、
妹と比べると力不足であることは否めないですし、
他3人のヒロインもぐいぐい引っ張るタイプではないです。

とまあこういう書き方だと微妙な感じですが、
未来の放送が流れるラジオという設定はいいですし、
本編開始早々に主人公の死が予知されることで
話の先が気になる展開になるのは良かったです。
電波を中継する鳩と、その暴走によって
電波が使えなくなったという設定も面白い。
キャラ萌えよりもシナリオで引っ張る作品ですね。

ラストが「またループ物か…」と思わせておいて
主人公の記憶だけが消えているというオチも新鮮でした。
個人的にループ物が好きではないということもあって、
いい意味で予想を裏切られたのはかなり好印象です。
体験版の切り方としてはベストでしょう。

ただ、主人公がかぐやに即落ちしたのは気になりました。
かぐやは出番も遅めでインパクトのあるシーンもなく、
それなのに主人公がすぐに「好き」と言うのは違和感が。
タイムリミットが近いので少しずつ仲良くなるという
エロゲー定番の流れが使えないのは仕方ないですが、
それなら一発でプレイヤーをKOできるような
エキセントリックなキャラが良かったなぁ。


まとめ。
前作に引き続き設定は面白いですし、
体験版を切るタイミングも良くて続きが気になります。
ただ、ヒロインは妹を除くと前作より地味めで、
日常パートや個別ルートは厳しくなりそうな予感も。
好きなヒロインが一人ってのは辛いものがありますね。

とりあえず話の先は気になるので購入予定ですが、
他によさげなものがあればそっちに行くかもしれません。

コメント

非公開コメント