FC2ブログ
2018/06/21

『小説 創業社長死す』高杉良 感想

小説 創業社長死す
小説 創業社長死す
posted with amazlet at 18.06.21
高杉 良
KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング: 489,168

とある食品会社のゴタゴタを描いた企業小説。

うーむ、面白くなりそうでならなかった作品ですね。
基本的に内輪の話がダラダラと続くだけで、
盛り上がりそうな展開の後もやっぱりダラダラという感じ。

前半は食品メーカー社長である小林が急死するまでですが、
小林と親友である北野との関係こそ悪くないものの、
社内力学のゴタゴタの末に性格の悪い筒井が
小林の後釜に座るという展開は後味が悪い。
青木を飛ばした経緯を見ると小林の器も小さいですね。

後半は暴走する筒井に対して北野や
他の対抗勢力が一矢報いるのかと思いきや、
ひたすら筒井の対する愚痴を垂れ流すだけで終わります。
北野が暗躍して小林の遺志を継ぎ会社を立て直すかと
期待していたのにとんだ肩透かしですよ。

正妻と愛人のグダグダはちょっと面白かったですけど、
どこの大学へ行ったとかどこで寿司を食べたとか
終始どうでもいい話が多かったのも残念。
それでも最後の逆転を信じて読み進めましたが、
特に何も起こらないまま終わる残念な作品でした。

コメント

非公開コメント