FC2ブログ
2018/06/18

『私に似た人』貫井徳郎 感想

私に似た人 (朝日文庫)
貫井徳郎
朝日新聞出版 (2017-06-07)
売り上げランキング: 159,088

貧困層による無差別殺人「小口テロ」が常態化した日本を
様々な立場の人の視点から描いた短編連作小説。

テロという言葉を使ってはいるものの、
この手の事件は現実でも起こっていますし、
すぐ側まで来ている近未来の話に感じられました。
つい最近の新幹線の事件なんて小説より怖いぐらい。

本作の面白さは様々な視点から社会を描いている点ですね。
テロの加害者や被害者はもちろん、
テロの黒幕を追う刑事や無関係な部外者など、
視点の種類を増やすことで世界観に深みを与えています。

各短編の心理描写は流石の一言。
大事なものを全てを失ってテロに走る加害者の話では
加害者に同情してしまいましたし、
テロリストを負け組と見下す主婦の話では主婦に対して
本当にイライラさせられました。

スッキリしたのはインテリ層の話ですね。
貧乏なテロリストに同情し彼らを応援しようとする一方で
貧困問題に興味がない一般人を見下すというのは
小賢しい知識人のイメージとしてはピッタリでした。
そんな彼らが最後に手痛いしっぺ返しを食らうところは痛快。

ただ、ラストがよくある憎しみの連鎖はダメ的な
定番の結論で終わってしまったのは残念でしたね。
終わり方としては明るい方向ではあるのですが、
こういった定番の結論で社会が良くなるかと言われると
あまり説得力がないというのが正直なところでした。
結論だけがダメという訳ではなく、結論に至るまでの問答も
ありがちな流れだったというのが大きいかもしれません。
黒幕の動機は良かったんですけどね。

結末だけは微妙でしたけど各短編は面白かったですし、
最近の社会事情もあって他人事とは思えない作品でした。

コメント

非公開コメント