FC2ブログ
2018/05/27

『天下人の茶』伊東潤 感想

天下人の茶
天下人の茶
posted with amazlet at 18.05.26
伊東 潤
文藝春秋
売り上げランキング: 263,954

戦国時代の武将たちを茶道の視点から描いた短編集。
どの短編も伊東さんらしく面白い出来なのですが、
一番新鮮だったのは秀吉と利休の関係の真相ですね。

本能寺の変の黒幕ネタは今となってはありふれていますし、
その黒幕を利休に求めたというところまでは
それほど意外性は感じられません。
ただ、そこから先にある秀吉と利休の
茶を巡る確執については新しい解釈だったと思います。

信長を光秀に討たせ、更に秀吉に天下を取らせた後は
芸術が分からない秀吉を美味く口車に乗せて
自分がこの世の芸術を支配するという利休の野望。
しかし秀吉が自分を超えるかもしれないと知ってしまい、
嫉妬から秀吉の名声を貶めるために暗躍し、
それがバレて切腹を命じられるという結末…うーん、面白い。

黄金の茶室といえば下品なイメージが強かったですが、
この本ではそれを究極の侘びとして捉えているのが新鮮。
利休にとっての本来の侘びとは、庭や茶室、茶器によって
その人間の有り様を表現してみせること。
しかしそれに辿り着けない凡才たちは利休の真似をし、
質素な茶の形だけをコピーするにとどまるだけ。
利休自身もそんな凡才たちを上から見ていたのですが、
それを覆して見せたのが黄金の茶室というわけです。

黄金の茶室だけを見ると確かに下品ですが、
天下を統一した栄光や傲慢な独裁者を表す作品として見れば
なるほど、確かに完成された芸術作品にも思えてきます。
こういった新たな解釈の発見は歴史小説の醍醐味ですね。
結果的には利休は自分の死と引き換えに
秀吉の豪華絢爛な茶をも葬ったわけですが、
もし秀吉の茶がこのまま発展していればどうなったのか。
その先を見てみたくなる小説でした。

コメント

非公開コメント