FC2ブログ
2018/05/24

『問題物件』大倉崇裕 感想

問題物件
問題物件
posted with amazlet at 18.05.24
大倉 崇裕
光文社
売り上げランキング: 947,469

割とレアジャンルな気がする不動産物件ミステリー。

不動産物件に関する様々なトラブルに隠された真相を探る、
という設定も珍しいのですが、この作品の特徴はもう一点。
探偵役が犬のぬいぐるみの化身(?)である男で、
事件解決のために不思議な力を使いまくるところにあります。

扉を素手で引き裂く、車をパンチで潰すという暴力から
催眠やハッキングといった情報収集能力までなんでもあり。
おかげで情報収集パートのテンポがとても速いです。
ミステリーとしては邪道かもしれませんが、
これはこれで爽快感があるのでありかもしれませんね。

不動産トラブルの真相もなかなか面白く、
居座りやゴミ部屋、幽霊部屋という定番の不動産ネタから
ミステリーらしい真相に繋がる展開はお見事でした。
個人的には幽霊部屋の大仕掛けなのに雑な仕掛けが好き。

ちと惜しかったのは病弱お坊ちゃんの影が薄いところかな。
出番が少な過ぎて有能かどうかすら分からないですし、
犬探偵が入れ込むだけの明確な魅力が欲しかったところです。

型破りな日常ミステリーという感じですが、
不思議パワーでゴリゴリ問題を解決していくような
作品を許せる人なら楽しめるのではないでしょうか。
続編が出ているようなのでそっちも読んでみたいですね。

コメント

非公開コメント