FC2ブログ
2018/05/13

『ホームズ四世』新堂冬樹 感想

ホームズ四世
ホームズ四世
posted with amazlet at 18.05.12
新堂 冬樹
講談社
売り上げランキング: 239,014

シャーロックホームズの曾孫が主人公である探偵小説。

新堂冬樹さんのミステリーって久々に読む気が。
一時はバイオレンス系をよく読んでいましたけど
最近はとんとご無沙汰だったのでなんだか新鮮な気分です。

ホームズの曾孫が女好きのホストというのは面白い。
ただ、女好きで美女を見ると軽率に口説く反面、
一人の女と付き合っている間は他の女とは
セックスしないというのは中途半端な設定だったなと。
どうせなら節操なく女を食いまくるぐらいした方が
探偵兼性格破綻者として面白かったような気がします。

作品の内容としては事件の展開よりも
ヒロインである檸檬との軽快な会話がメイン。
ツンデレ気味な檸檬との会話はテンポがいいですが、
似たパターンのツンが多いので飽きやすい面もあります。
ここももう少し奇抜なキャラ付けが欲しかったところ。

事件自体は二転三転するので退屈はしないのですが、
黒幕バラしを2回やったのは個人的には微妙でした。
真相判明…とみせかけて、というのが狙いでしょうけど、
またかーという感想の方が強かったですね。

ホームズの孫と先祖の因縁という設定は美味しかったですが、
内容は全体的に軽過ぎた感があって物足りなかったです。
いっそのこともう少し軽くしてラノベとして出した方が
素直に受け入れられたかもしれません。

コメント

非公開コメント