FC2ブログ
2018/04/15

『長篠の四人 信長の難題』鈴木輝一郎 感想

長篠の四人  信長の難題
鈴木 輝一郎
毎日新聞出版 (2015-09-23)
売り上げランキング: 239,619

信長、秀吉、光秀、そして家康が活躍するシリーズ3作目。
今回はかの有名な長篠の戦が舞台となります。

三河武士といえばその勇猛さは天下に轟き、
しかもそれを率いるのが海道一の弓取りとなれば
そこいらの大名にはそうそう遅れを取らないはずですが
それでも相手が武田となると流石に分が悪い。
勝頼が来ると聞いて織田を捨てて武田に着くか
真剣に検討し始める姿は微笑ましいですね。

しかしそこで圧倒的大軍で援軍に来る信長は流石です。
軍勢だけでなく当時高価だった弾薬を
有り余るほど用意している財力も恐ろしいところ。
更に相手が射程外にいる時点から一斉射撃をはじめることで
織田鉄砲隊のレベルが低いよう見せかけるところから始まり、
主力である騎馬兵でなく歩兵ばかりを狙うことで
武田側に被害が少ないように錯覚させる手の込みよう。

長篠の戦いといえば騎馬VS鉄砲という印象が強いですが、
初手では歩兵を狙っていたという解釈は新鮮でしたね。
これに対して武田が第二陣は歩兵を出さずに速攻狙いで
騎馬ばかりで突入するという発想も納得できるものであり、
ここでようやく歴史通りの騎馬VS鉄砲の戦いとなるわけです。

ここで面白かったのが歩兵と騎馬の身長差。
徳川の歩兵が腰を落として槍を構えているのに対して
武田の騎馬は明らかに身長が高く、
それゆえに徳川歩兵の後ろからでも武田側が丸見えで
鉄砲で狙い放題になるというのは発想の勝利でしょう。
こういう単純な盲点を突く戦法は小説的に大好きです。

今回もドタバタ歴史小説として面白かったのですが、
その影で松平信康と信長に不和の気配が漂っていたりと
じわじわと不安も増してきた感があります。
次辺りで信康切腹事件だったりするのかしらん。
そうなると仲良し4人組の間にも致命的な傷が入りそうで、
残念に思いつつも期待する気持ちもあったりします。
はてさてどうなるか。

コメント

非公開コメント