FC2ブログ
2018/04/14

『戦友たちの祭典』森村誠一 感想

戦友たちの祭典
戦友たちの祭典
posted with amazlet at 18.04.14
森村 誠一
中央公論新社
売り上げランキング: 311,496

90歳を超えた元撃墜王である老人が
現代日本に潜む悪をバッタバッタとなぎ倒す痛快小説。

老化から来る生活習慣病の薬を飲んでいるとはいえ
90歳以上の老人にしてはタフ過ぎる主人公ですが、
まずこのご都合主義を受け入れられるかがポイントです。
それ以外にも老人をサポートする美女たちや
自衛隊やヤクザへのコネといった便利過ぎる設定が
数々出てくるのでそういう作品だと割り切るのが重要です。

でも割り切ってしまえばトンデモ作品として楽しめるわけで、
大物官僚を成敗したりペット虐待犯を私刑に処したりと
今時珍しいほどの単純明快さはある意味味わい深い。
作者である森村さんの御歳故かレトロな言葉遣いが
ちらほらと見受けられましたが、主人公が老人なので
違和感が少なく、一つの個性として受け入れられました。

基本的に主人公たちSUGEEEEなノリなので
読むときの気分次第ではげんなりさせられそうですが、
今回は頭を空っぽにして楽しむことが出来ました。

コメント

非公開コメント