FC2ブログ
2018/02/21

『うつろ屋軍師』簑輪諒 感想

うつろ屋軍師 (祥伝社文庫)
簑輪諒
祥伝社 (2018-01-12)
売り上げランキング: 95,637

丹羽家に仕え続けた江口正吉の物語。
長秀死後の丹羽家の領土大削減と改易、
大名家としての再生は知っていたのですが、
それを支え続けた重臣・江口正吉については
ほとんど知らなかったので新鮮な気持ちで読めました。

本作の正吉は気宇壮大な軍略家であると同時に
実現できない戦略を考え続けるうつろ屋(空論家)です。
そんな正吉が丹羽長秀や豊臣秀吉といった人物を
間近で見て学びつつ、持ち前の突飛な思考と
現実をすり合わせる術を会得していくというのが
本作も基本的な流れになります。

長秀没後、秀吉によって領土が削減され
次々と重臣たちが出て行く中、丹羽家に残って
立て直しを図るという展開は実に主人公らしい。
武力ではなく職人集団として功績を挙げるという発想は
うつろ屋の面目躍如といったところでしょう。

北陸の関ヶ原といわれた浅井畷の戦いも面白かった。
数では圧倒的に勝る前田軍に対して
だまし討ちと情報戦で対抗する丹羽軍。
敵役である前田利長もなかなかの切れ者に描かれていて、
緊張感のある読み合いが展開されるのが良かったです。

ただ丹羽家改易はちょっと駆け足になってしまったかな。
特にエピソードもない時期なので話を広げるのは
難しかったでしょうけど、ここまでが丁寧だっただけに
駆け足っぷりが目立ってしまった印象です。

とはいえ面白い作品であったのは確かで、
正吉以外にも前田利長や長連龍といった脇役の見せ方も渋く、
マイナーな人物の意外な活躍が楽しめる作品でした。
まだまだ作品数が少ないものの、
今後の活躍が楽しみな作者さんですね。

コメント

非公開コメント