FC2ブログ
2018/02/12

『ファイブスター物語 14巻』永野護 感想

ファイブスター物語 14 (ニュータイプ100%コミックス)
永野 護
KADOKAWA (2018-02-10)
売り上げランキング: 6

久々の新刊です。

主役メカがMHからGTMに変わって以降、
イマイチ物語に入り込めなかったのですが、
今回はそんなモヤモヤが一気に吹き飛ばされました。
相変わらずGTMの名前と形は一致しませんし
参戦勢力も多過ぎて状況はゴチャゴチャしているのですが、
その一方で話の方は非常に分かりやすかったのが大きい。

追い詰められたAP騎士団の支部にソープがやって来て、
それに釣られるように様々なメンバーが集結。
最後はバッハトマ連合の大軍に包囲されるものの
みんなの力と助っ人の乱入により粘り勝つという展開。
まるで映画のように綺麗で爽快な流れだったと思います。
基本的な展開は昔のコーラス戦に近いんですけど、
より纏まっていて勢いのある流れになっているところに
永野さんの漫画家としての技量の上昇を感じました。

それは人物描写についても同じで、
エルディアイが人間らしくなっていくところや
ハレーの復活など、人物の成長の見せ方も良かったです。
デコーズがファティマを道具として気遣い始めたのもいい。
あくまで優秀な道具を大事にするという感じですが、
ファティマ側からするとその方が気楽かもしれません。
アマテラスは相変わらず非人間的なところがありますけど、
まああいつはああいうやつだししょうがない。

ギャグ描写も面白くて、ラキシスはいつも通りだし
バランシェファティマたちのノリもぶっ飛んでます。
前々からハイスペックだと言われていた令令謝、
確かにハイスペックですけどノリはウザキャラですね。
にゃーにゃー五月蝿いけど個人的には好きだなぁ。
そんな令令謝を舌戦で撤退させる京も面白過ぎる。

GTMに設定変更が入った前巻は面白さよりも
設定変更への反発が強かったのですが、今回は逆。
FSSはこうでなきゃ…という展開がてんこ盛りで、
GTM編を新しいFSSとして納得させてくれる内容でした。
どのMHがどのGTMになったかとか、根本的に設定が
変更された部分とか把握できていない点も多いですが、
今後も出来る限り追って行きたい作品ですね。
…と言いつついつの間にか20年以上追ってるんだよなぁ。

コメント

非公開コメント