FC2ブログ
2018/02/07

『化け札』吉川永青 感想

化け札
化け札
posted with amazlet at 18.02.07
吉川 永青
講談社
売り上げランキング: 453,620

稀代の謀将として名高い真田昌幸の物語。

物語は武田家滅亡寸前から始まり、
第一次上田合戦で昌幸が徳川軍に勝利して終わります。
昌幸が武田を見切るまでの流れは
自分が滅びない程度に主家の力になるという感じで、
当時の小勢力のあり方をよく表していますね。

その後の上杉北条徳川の間での寝返り連発はお見事ですが、、
ここに昌幸の限界を見たような気がしなくもない。
大勢力を上手く噛ませ合う策略は見事ですし、
自身が少しずつ勢力を蓄える手腕も認めますけど、
そのせいで周囲からは警戒される状況になっていますし、
どう頑張っても小勢力止まりだったのかも。
大大名を狙うのなら早々と秀吉あたりに気に入られて
領地替えワンチャンを狙った方がよかったかもしれません。
まあそれをやると第二次上田合戦で小勢で大軍を
翻弄するというロマンが実現されなかったでしょうけど。

作中の昌幸は信玄になりたいと何度も考えますが、
既に周囲が大勢力で固まっている状況で
かつての信玄並みの領地を得ようとするなら
よっぽどの奇策が必要だと思います。
昌幸が一流の策謀家なのは確かですが、
それでも分不相応な夢であるように見えましたし、
信玄のように敬意と恐怖を覚えられるにはほど遠い。
これならまだ領地欲が希薄で策謀が趣味な
性格だったりした方が納得しやすかったかも?
昌幸の綱渡りのような策略は面白かったですけど、
人物像としてはちょっと曖昧なように感じられました。

コメント

非公開コメント