FC2ブログ
2017/12/06

『幕末尽忠報国烈士伝MIBURO』体験版 感想

公式はこちら。
インレ『幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO』
インレの歴史物シリーズの新作である
『幕末尽忠報国烈士伝MIBURO』を体験してみました。

今回の題材は新撰組。
体験版の範囲は主人公が壬生浪士組に拾われてから
文久の政変で新撰組という名前が歴史舞台に登場するまで。
まだ新撰組としての活躍がほとんどないにもかかわらず
体験版はなかなかのボリュームでしたし、
これは製品版も大作になりそう。

ストーリーは今のところだいたい歴史通り。
力士斬りや大和屋放火など新撰組の知識があれば
聞いたことにあるイベントを抑えつつ、
女性化した隊士たちのキャラを見せるという感じです。
ここまで特に意外性のある展開はないのですが、
この時代はそのまま描くだけでも面白いから卑怯。
今後の展開を思うとどうしてもワクワクしてしまいます。

しかし体験版以降は本格的に粛清や戦死の嵐が
新撰組を襲うわけですが、そこをどう見せていくのか。
普通なら仲間が欠けるのは一大イベントなはずですが、
新撰組の場合はそれが多過ぎていちいちじっくり見せると
やたらと暗くてテンポの悪い展開になりそう。
もちろん最終的には生存エンドになるんでしょうけど、
どの程度生き残るのかは気になるところですね。
体験版を見てると芹沢さんも一度暗殺されてから
最終的には生存しそうな雰囲気ですが。

ちょっと気になったのは女性多過ぎというところ。
というのもこれだけ女性が多過ぎると
メイン格の4人以外に目移りしてしまうんですよね。
個人的に好みなのは永倉、井上、岡田以蔵あたり。
以蔵なんてもはや新撰組ですらありませんが。
まあ永倉はエロシーンがあるようですし
他のキャラも何らかの救済があるかもしれませんが…。
でも服部武雄の立ち絵があるのは地味にポイント高い。
実は新撰組より御陵衛士の方が好きだったりするのです。


まとめ。
相変わらず物語に引き込むのが上手い。
基本的には歴史をなぞりつつも、主人公の存在によって
このまま歴史通り行くはずがないと匂わせていて、
この物語の着地点がどこになるのか、気になります。
忠臣蔵もハッピーエンドでしたし、
そう悪いようにはならないと思いますが…。

メイン4人でこれだというヒロインがいないのは残念ですが、
そこを考慮しても年末の憂慮候補であるのは確かです。

コメント

非公開コメント