FC2ブログ
2017/11/11

『イアリー 見えない顔』前川裕 感想

イアリー 見えない顔
イアリー 見えない顔
posted with amazlet at 17.11.11
前川裕
KADOKAWA (2016-11-26)
売り上げランキング: 549,860

主人公はつい最近妻を失った大学教授。
そんな彼のもとに深夜、謎の女性が訪れ、
それを機に彼の周りでは不可解な事件が多発するように…。

とにかく冒頭の女性が訪ねてくるシーンが不気味で、
いきなり不安を煽りまくってくるのが上手いです。
それに対して昼間は大学総長選挙での政治活動という
凄く俗なイベントが同時進行しているチグハグさも良い。
まったく関係ないように見える二つの出来事が
これからどう絡んでいくのかワクワクさせられました。

しかし中盤からは失速してしまった印象です。
学内選挙の方は情勢が二転三転して面白かったのですが、
教授と義妹(妻の妹)の行動がいまいちでした。
妻の妹との爛れた関係とか暗躍する宗教団体とか
色々な要素が絡んできたりするものの、
どれもこれも中途半端で盛り上がりに欠たまま決着。
いつの間にか最初にあった不気味な雰囲気も薄れ、
後半は何ともダラダラとした流れに…。

おそらく義妹がもっと恐ろしいキャラだったら
濡れ場でも怖さがあったんでしょうけど、
ごく普通の濡れ場という感じだったせいで
怖さまで流されてしまったような気がします。

前川さんの小説といえば不気味さが売りですが、
今回はそこがおざなりになってしまったのが残念。
ラストに思い出したように不気味な演出されてもなぁ。
次回作はもっと気合入った怖さを期待したいところ。

コメント

非公開コメント