2017/09/08

艦隊これくしょん 2017年夏イベント感想

E-7甲を終わらせたのでイベントの感想とか。

今回の難易度選択は甲甲甲乙乙甲甲。
E-3甲で結構沼ってしまったので
前半の壁と言われていたE-4を乙で抜けてE-5も乙。
手間はかかるもののそれほど難しそうなE-6は甲を選択し、
甲11のためにE-7も甲でフィニッシュという流れでした。

E-3甲でもかなり苦戦したのですが、やはりE-7甲は別格で、
今となっては覚えているのはE-7のことばかりです。
まずギミックを解除するだけでも結構疲れましたね。
手順は多いですし編成の縛りも厳しくて1日潰れました。
ギミック解除だけでも1海域分の労力が必要なのでは。

ボス削りは比較的スムーズに行きました。
編成はひたすら機動部隊で突撃。
この段階では速吸は入れずに第二艦隊は
軽巡駆逐駆逐戦艦戦艦雷巡という打撃力重視の編成。
これなら開幕で生き残った相手がいてもそこそこ戦えるので
道中撤退はそれほど気にならないレベルでした。
戦艦が2隻いると第2艦隊打撃力が増えるのもいいですが、
敵の雷撃での大破撤退が減るのも大きかったです。

しかしラスダンに入ってからがイベントの本番。
第2艦隊の戦艦を抜いて速吸を入れると全然ダメで
Gマスでいきなり大破することも珍しくなかったです。
その後の潜水マスや3ダイソンでも大破しまくりですし、
比較的マシな空母夏姫マスでも油断は出来ません。

こりゃあかん、ということで早々に全員に女神を装備。
今回の編成では由良のみ穴がなかったので即増設。
今回は女神をガンガン使う覚悟を決めて
ようやくラスダンのスタート地点に立てるって感じですね。

あとはひたすらぶん回すのみ。
最初はGマスか潜水マスで大破すると撤退していたのですが、
大破進軍を繰り返すうちに意外と女神発動率が低いことが
実感できたので、最後の方ではGマスで大破しても進軍して
ボス戦の回数を稼ぐことを優先していました。
途中撤退するとキラを付け直すのがしんどいですし。

最終的には洋上補給16、ダメコン10を使ってクリア。
大破や中破が多い状況での強引な進軍が多かったですし
そこを削ればもう少し節約できたかもしれませんが、
ラスダンをクリアした際も霞が道中で女神復活、
暁ちゃんがボス戦で女神復活という女神頼りの進軍だったので
結果的にはガンガン使う方針を取って良かったかなと。
女神の付け忘れが怖くて何度も点検しましたし、
それでもたまに確信が持てなくなって撤退しましたけどね。
ラストを決めたのは大井っちの連撃。
最高レベルの艦娘が決めてくれるとテンションあがるわー。

今回のE-7甲はなんとかクリアできましたけど
今までとは違って完全に女神課金前提のプレイでした。
ほぼ無傷で道中を抜けられることがあるのは確かなので
女神なしでクリアできるという意見も分かるのですが、
その手間を考えると女神なしでやる気は起こらないです。
恐らくかつてないほど女神は売れてるでしょうし
運営側としてはウハウハなんでしょうけど、
今後の大規模イベントがこれ以上の難易度となると辛いなぁ。

それ以外での手間が増え過ぎているのも問題ですね。
今回のイベントは7ステージとは言ってもダブルゲージや
手間のかかるギミックが多くて非常にめんどくさい。
熟練度やキラ付け、連合艦隊に基地航空隊と、
1出撃ごとの時間も延びている状況ですし、
イベント全体にかかる時間が増え過ぎていると思います。
そろそろ戦闘スキップを実装するとか、
キラや熟練度前提の難易度調整をやめるなどの
抜本的な方針転換が必要になっている気が。
ここらで一旦シンプルなシステムに立ち返るのか、
それとも更に複雑化し時間がかかるようになるのか…。
次の大規模イベントが良くも悪くも楽しみです。

コメント

非公開コメント