2017/08/19

企画『好きなエロゲを3つ挙げろ』

面白い企画に誘って頂いたので参加してみました。

『好きなエロゲを3つ挙げろ』

エロゲ歴が20年に近付きつつある割には
プレイ本数が少なめな自分ですが、
たまには昔を思い起こしてみるのも悪くないでしょう。
これが上位3作品だったら頭が痛くなるところですけど、
今回は好きな作品3つという緩めの縛りだったので助かった。
そんなわけで今回自分が選ぶにあたって重視したのは
好きな点について書きやすいかという点。
その結果、

Fate/stay night
ドラクリウス
恋する少女と想いのキセキ~Poupee de souhaits~


以上の3作品でいくことになりました。
いつも通りシンプルにサラッと語るつもりですが、
記事の性質上ネタバレが多めなので気にする方はご注意を。


■Fate/stay night
はい、言わずと知れた超人気作品であり、
エロゲーマーでなくても知っているアレでございます。
10年以上昔の作品でありながら今でも派生作品が出続け、
複数回のアニメ化、ソシャゲも大人気というその成功っぷりは
もはやエロゲ界のガンダムと言っても過言ではない(ないか?

この作品の好きな部分はルート構成ですね。
エロゲではルートロックのある作品は珍しくないですし、
ルートごとに明かされていく謎や、反転する敵味方関係というのは
他の作品でもやっていることですが、この作品のそれは特に好き。
セイバーやライダーの各ルートでの扱いの違いは、
燃えゲーのキャラとしては理想的なものだったと思いますし、
士郎の思想の変遷は3ルートあってこそ楽しめるものでしょう。
ちなみに本作で一番燃えたのはVSセイバーオルタ戦。
この微妙に歪んだ性癖に共感してくれる方もいるはず(多分
ちなみに最近FGOで丸くなってるオルタもそれはそれで好きです。

ループ物でなく3ルートが独立していたのも良かったです。
個人的には全てのルートが一つに収束するよりも、
お互いが決して交わらずに拡散していく作りの方が好き。
それぞれのルートで取り返しの付かない喪失があればより良し。
ループ物もよくプレイしますしプレイ中は楽しんでいるのですが、
やっぱエロゲは複数のルートが並立している方が好きなのです。


■ドラクリウス
さて、お次はエロゲーではよくある吸血鬼物。
流石にFateと比べるとマイナーではあるものの、
古参のエロゲーマーなら知ってる人はそこそこいるレベルかな?
ライターはグリザイアシリーズで有名な藤崎竜太さん。
藤崎さんのテキストはエロゲではトップレベルに好みなのですが、
この方の作品でどれを推すかとなるとドラクリウスを取ります。

この作品で好きな部分は、

ベルチェママーーーーーーッ!!!

はい、ロリママ吸血鬼であるベルチェさんでございます。
個人的には母性を感じさせるロリキャラって大好物なのですが、
ベルチェの良いところは父の使用人ってところなんですよね。
単に母性があるだけでなく立場的にも継母に近いですし、
ベルチェ自身も最初は主人公のことを愛する人の忘れ形見として
見ているので名実ともに母に相応しい存在と言えるのでしょう。
もちろんロリに母性があるだけでも萌えるのですが、
そこに父親との関係が混ざることでより甘味が増すのです。伝われ。

ベルチェに対してリカ、リアンという二大ヒロインの
凄まじい物分かりの悪さもお互いの魅力を引き立てていました。
二人がおバカだからこそベルチェの落ち着きが光りますし、
この二人にしても最初がアレ過ぎたことによって
終盤のかっこ良さの衝撃がブーストされているとも言えます。
総じて女性陣の描写にいちいちツボをくすぐられる点が多いので
今でもちょくちょく起動している作品です。


■恋する少女と想いのキセキ~Poupee de souhaits~
多分今回選んだ3作の中ではぶっちぎりでマイナーでしょうね。
ライターは某ライターさんの変名とも言われる近江谷宥さん。
多産であることもあって作品の出来が安定しない御方ですが、
直近の『初情スプリンクル』は良いラブコメ作品でした。

しかし今回挙げた「恋する(ry」はシリアス寄りの作品。
決して万人向けとは言いがたいこの作品のどこがよかったのか。
それはメインヒロインであるトワのルートの終盤の流れです。
最初はこれについて詳しく書こうと思っていたのですが
ごちゃごちゃしてしまったので端折って言わせていただくと、
要は主人公とヒロイン(人形)だけで隠遁する結末なんですよ。

これだけならそんなに珍しくないのですが、
ヒロインが主人公との心中願望を持っていたり
主人公がそれを全面的に受け入れてたり
他のキャラからそんな関係を気持ち悪いと責められたりと、
ラストに至る過程もなかなか黒く重く染まっていたのがナイス。

あと、エピローグも綺麗でした。
数年後には人形に宿ったヒロインの精神が経年劣化していて
かつての思い出をほとんど忘れてしまっているものの、
主人公への愛情だけは覚えているシーンは胸に刺さります。
こういう記憶が消えても想いだけ残ってるシチュはホント好き。
そんな感じで決して派手な作品ではないのですが、
物語の終盤に私好みの展開が群れを成して入ってきた結果、
好きな作品と言われてパッと思い浮かんでしまうぐらい
記憶に残っているという珍しいタイプの作品なのです。

以上で今回の企画記事は終了。
企画してくれたぐぬぬさん、誘ってくれたゆず茶さんには
この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございましたー。

以下、今回の企画に参加している皆様の記事を貼ります。
それなんてえrg
そこはかとなくエロゲを綴る
気がつけば複数買い。
すときゃすてぃくす
悩むなら はじめてしまおう エロゲーマー
私情主義
Reverie Note -Egoistic-
御巫祭り(改)
Ossan Gamer Diary
飢えた鼠はエロゲを噛みぬ
おいしいデザートは最後に
よい子わるい子ふつうの子 2
立ち寄らば大樹の陰
買わぬ買わんの右往左往は浮き立つほどに浮き立ちて明け暮れないの物語
エロゲ価格相場を見守るブログ
ビビろぐ

コメント

非公開コメント

拝読いたしました

Blogでは初めまして。
いつの間にかBlogリンクを貼って頂きましてありがとうございます。
皆さんの企画記事を少しずつ
読み進めて降りましたが
ようやく「ジグザグパラドックス」まで
たどり着きました。(まだ道半ば)

「Fate/stay night」
1本目に王道だあゝゝ!
セイバーオルタというのはなんでしょう?
灰色のセイバーのことでしょうか?
もうあれ辛くて辛くてしかたなかったんですが…あぁぁぁセイバーがぁぁぁっ
もう昔なのでルート構成朧気なのですが
攻略順って選べましたっけ?
セイバー→凛→桜で攻略した記憶です。
そうそう、ループではなくって並行世界で
それぞれの登場人物たちが
別行動をとったりすることで
よりキャラと物語が掘り下げられていましたよね。
イマドキここまで重厚な構成も見ないです。
だからこそ現代まで様々な形でコンテンツが継続しているのでしょう。
私も、ループより、好きかもしれません。



「ドラクリウス」
元祖・ドラクリでお馴染。
くらいしか知識が無いのですが
ベルチェさんというキャラをネットで探してみましたが
見つからず……
すみませんっ伝わりませんでしたっm(_ _)m!



「恋する少女と想いのキセキ」
わたしは近江谷宥さんという方は
この作品で「あ、いいかも」。
など思い始めて
「プラハ」購入の後推しとなり
「ワルエレ」で更に虜になり
「初情」は7月タイトル多すぎて見送った。
というよくわからない所以があります。
某ライターの変名?初めて聞きました。
「トワのルートの終盤の流れ」
そうですね。まさにトワ@まりのさんの
作品でした。
なんというか「人形」というのは
昔から髪が伸びたり
様々に愛おしさと共に狂気が語られますが
ここまで人形愛を持った人が「愛」と「狂」の
両面を描いた作品は
他に類を見ないのではないでしょうかね。
おっしゃる通り「黒く染まって」いる感じが
とても好きな作品でした。

企画上、3本という制約付きでしたが
またしばらく後は
別の3本もまた読んでみたいです。



Re: 拝読いたしました

丁寧なコメントありがとうございます。
あとリンクの方もありがとうございました。

>セイバーオルタ
そうそう、あの灰色の奴です。
いつ頃から言われ始めたのかは忘れましたが、
FGOでもそういう名称なのでこれで確定なのでしょう。

攻略順は固定ですね。
ここで最初に王道のセイバーを持ってきたのが上手さだなと。
これが凛や桜だったらここまで心に残らなかったでしょう。

>ドラクリウス
ベルチェは愛称で、公式ページのキャラ紹介にある
ロリメイド、エルシェラントのことですね。
作中でエルシェラントって呼ばれることはほぼないですが。

>恋する少女と想いのキセキ
あ、ご存知でしたか。ちょっと嬉しい。
ゆるやかな狂気がツボな作品でした。
またこういう作品を書いていただきたいところですが、
コメディの方が手堅く売れるんでしょうね…惜しいです。