2017/08/15

『初情スプリンクル』 感想

公式はこちら

安定して新作を出し続けているWhirlpoolの最新作、
『初情スプリンクル』の感想となります。
実は1週間ほど前にコンプしていたのですが、
性質の悪い風邪をこじらせているせいでこのタイミングに。
皆様も風邪にはお気を付けくださいませ。

さて、感想です。
エロゲーでは定番の淫魔能力に目覚めた主人公が
魔女を巡るドタバタに巻き込まれていくという本作。
作品のノリとしてはいつも通りのワルプルに近いのですが、
ラブコメとしてのバランスの良さは歴代屈指だったと思います。

これまでのワルプル作品…というか近江谷さんの作品は
前半はノリのいいラブコメが繰り広げられながらも
後半のシリアスで失速してしまうことが多かったのですが、
今回はその後半の扱いが上手かったことが好印象の原因ですね。

この手の作品でのシリアスの欠点としては、
作中では真面目な話が展開されていくにつれて
プレイヤーが冷めていってしまうというのがありますが、
今回は真面目な設定を見せつつも最後までドタバタコメディを
維持しているのでプレイしていて安心して楽しめました。

個人的にはこういう、コメディやイチャラブを維持したまま
話の規模大きくして盛り上げるパターンが好きなのですが、
どうにも深刻ぶってしまう作品が多いのが困り物です。
シリアスが似合う作品ならいいんですけど。

ヒロインが全員可愛いのも良かったですね。
どの娘もなかなかのめんどくささを持ちつつ
主人公との関係を少しずつ深めていく姿が描かれていました。
個人的に見ていて一番楽しかったのは羽月かな。
やたらと偉そうに見えて責任感の強さの人一倍ですし、
何気に作中では一番の苦労人だと思います。
強気と弱気を繰り返してめんどくさいのかと思いきや、
扱いさえ覚えてしまえばただただ可愛くなるのも素晴らしい。
個別ルートのネタもいい意味でしょーもなくてツボでした。
特に質問と分身ではニヤニヤしっぱなしでしたよ。


まとめ。
ドタバタコメディとしてはなかなか完成度が高い作品。
ヒロインそれぞれの個性をいい方向に掘り下げていますし、
ストーリー後半になってもドタバタコメディの形を崩さず
シリアスをほどよく綺麗に制御して着地させています。

体験版の記事でも購入した際の記事でも
後半の展開には期待していないと書きましたけど、
今回はいい意味で予想を裏切ってくれました。
こういう最初から最後までノリが変わらない作品だと
体験版が気に入った人にオススメしやすいです。
次回作もこういう方向でお願いしたい。

コメント

非公開コメント