2017/07/26

『スタープレイヤー』恒川光太郎 感想

スタープレイヤー (角川ebook)
KADOKAWA / 角川書店 (2017-04-05)
売り上げランキング: 70,539

巷では異世界召喚物がブームですが
この作品も異世界召喚物といえばそうなんでしょう。
与えられるのは10回だけ願いを叶えることができる謎の板。
この板を渡されスタープレイヤーとなった女性・夕月が
いかにして生きていくかを描いたのが本作となります。

こういう異世界召喚物だとまず衣食住が問題になりますが、
そこをあっさり願いで解決してしまうのは新鮮でした。
しかしいきなり数キロ単位の庭園を作るというのは
願いの万能感を出すにはいい展開かもしれません。

「豪邸と食料」というようにセットで願うと
1カウントしかされないというのも面白いです。
いくらでもセットに出来るのは一見すると便利ですが、
限界まで詰め込むせいで下準備に時間がかかるのは困り物。
自分だったらこの設定があるせいで咄嗟の事態でも
使い惜しみしてしまうかもしれません。

ファンタジックな雰囲気や能力の大きさに反して、
序盤がドロドロした展開なのも掴みの上手さでしょう。
かつて自分を襲った相手を召喚して監禁するとか、
召喚設定をこういう生かし方する作品は初めて見た気がする。
後半の対国家戦も面白かったですけど、
序盤のヒリヒリした感じは独特な雰囲気がありましたね。

とはいえその序盤があったおかげで
後半の主人公の成長も実感できましたし、
最後も爽快な雰囲気なので読後感も良かったです。
何でも叶えられる力の「何でも」という可能性について、
改めて考えさせてくれる作品でした。

コメント

非公開コメント