2017/07/13

『影踏み鬼 新撰組篠原泰之進日録』葉室麟  感想

影踏み鬼 新撰組篠原泰之進日録
葉室 麟
文藝春秋
売り上げランキング: 213,065

伊東甲子太郎とともに新撰組を脱退した篠原泰之進の物語。
篠原泰之進といえばかの司馬遼太郎さんも一作書いていますが、
どちらも油小路の戦いが一番盛り上がるところは同じですね。
ただ、ハードカバーとしては若干薄めということもあって、
内容の方もちょっと薄くかんじられる部分がありました。

篠原という人物を掘り下げるために萩野という女性や
斎藤一を配置したのは分かりやすい作りです。
特に斎藤の飄々としたキャラクターは面白く、
敵か味方か分からない立ち位置もあって
物語の緊張感を出すのに良い働きを見せてくれました。
いつでも自分の興味を最優先する好きな変人でありながら、
非道な振る舞いは見せないところに好感が持てます。

しかし他の新撰組のメンバーの描写はかなり薄かったです。
己の野心を貫くラスボス、近藤はまだマシですが、
土方や沖田は三流悪役程度の描写しかされてません。
永倉なんかは近藤や土方の暗殺主義に反感を持ちつつも
彼らを見捨てられず付き合ってる感じでしたけど、
そこら辺の複雑さももっと描写して欲しかったところ。

伊東甲子太郎も普通の優等生という感じで
組織の首領としてのカリスマは少なかったなー。
まあこれについては主人公である篠原が有能なので
その反動として活躍できなかった面もあるかもしれません。

篠原が主人公という発想は面白かったのですが、
どうせなら他の人物ももっと掘り下げて新撰組内部の
ゴタゴタをもっと魅力あるものにして欲しかったところです。
完全に悪役な近藤や割と小物な坂本龍馬は新鮮でしたけどね。

コメント

非公開コメント