手を出したものの感想を書き溜める場所
ホンダ・フィットハイブリッド 試乗感想
最近ビッグMCが入ったばかりのフィットに試乗してきました。
グレードは最上級のHYBRID・S、HondaSENSINGとなります。

フィットといえば走りや燃費や使い勝手といったものの
バランスが非常に良い優等生…だったはずが、
3代目発売当初のリコール連発によってその信頼は失墜。
アクアやノートという強力なライバルの存在もあって
最近は存在感が薄れつつあるというのが悩みどころ。
ホンダもこの現状を深刻に捉えていたようで、
今回はかなり気合の入ったMCを実行してきたようです。

MCだけあって外装や内装は別物というほどではないものの、
外装に関しては大きなダクトがなくなったおかげで
シャープで踏ん張り感が出ているのが好印象です。
RSやSパケのバンパーは写真だと顎が出て見えたのですが、
実物だと引き締まった表情で受ける印象が違いました。
あとはサイドのラインがなくなれば個人的には文句なしかな。
センシング搭載車のメーター表示も見やすかった。
コンパクトカーでもカラー液晶が当たり前の時代ですね。

ただ、ステアリングが革巻きでも細かったり
センターアームレストが低かったりと、
運転席での収まりの悪さを感じる部分もありました。
センターコンソールが左脛に当たると痛いのもマイナス。
いずれも細かい部分ですが、惜しいと思います。

一方、走りに関しては手堅い進歩が感じられました。
リコールが多発したDCTは完全に別のものになったようで、
低速での加減速を繰り返してもギクシャクは全くなし。
ダイレクト感があるのにCVTのような滑らかさです。
あとは一般で使われて不具合報告がどれだけ出るかだなー。
試乗だけでは分からないことも多いですしね。

乗り心地に関しては前期型よりだいぶガッシリした印象。
全体的に静かになりましたし、段差で跳ねる挙動や
細かい振動、騒音も抑えられていて快適性は上がっています。
今までのフィットはここらへんが甘い印象でしたけど、
他と比べて負けていないレベルになりました。

気になったのはステアリングの軽さとブレーキの感触。
ステアリングは低速でももう少し手応えがあった方がいいです。
ブレーキは前期型もそうだったんですけどひたすら硬い。
もうちょいガソリン車っぽいフィーリングが欲しいですよね。


まとめ。
度重なるリーコールで傷付いたフィットブランドですが、
今回のMCによってコンパクトカーでトップクラスといえる
総合力を持つ車に生まれ変わったのではないでしょうか。
安全装備だけでなくACCやレーンキープといった便利装備まで
充実していますし、乗り心地もかなり快適になっています。

ただ、前期型でのイメージダウンを考えると、
トップクラスではなくトップを目指して欲しかった気も。
今回同乗したセールスさんも言ってましたけど
やはりかつてのリコール連発の印象は厳しいようで、
特にオーナーさんからはまだ責められることが多いとのこと。
自分だって新バージョンのDCTは大丈夫だと言われても
しばらく様子見しようと躊躇してしまいますしね。

とはいえ最近の影の薄さを吹き飛ばす内容のMCでしたし、
保有してみたいと思わせてくれる車になったのも確か。
今後は新型オーナーさんの感想を要チェックですね。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック