手を出したものの感想を書き溜める場所
『吹けよ風 呼べよ嵐』伊東潤 感想
吹けよ風 呼べよ嵐
吹けよ風 呼べよ嵐
posted with amazlet at 17.06.27
伊東 潤
祥伝社
売り上げランキング: 231,426

上杉家の武将である須田満親の視点から
後の川中島の戦いへ至る流れを描いた歴史小説。

川中島の戦いの主役といえば武田信玄と上杉謙信ですが、
この本では須田家という信濃の小勢力に視点を当てることで、
川中島の前段階である武田と村上義清の戦いから描写し、
武田と上杉が激突するまでを分かりやすく見せています。

当時の信濃には小勢力が多く、それらが武田に対抗するため
村上の下に集まり、最終的には上杉と武田という
二大勢力に飲み込まれていく姿は戦国時代の縮図でしょう。
本作では須田家が身内で敵味方に分かれていますが、
両家の間に憎しみはなくそれぞれの間にあるのは
家を残そうという意思だったというのがやるせない。
しかし本作で敵として出てくる真田家も
後に似たような方法で家を残しているのは面白いですね。

ただ、物語としては物足りなかった面もあります。
この物語は第四次川中島合戦までを描いていますが、
この戦いについては歴史小説では散々使われているので
新鮮さも爽快感も控えめなまま終わった感があるんですよね。
須田満親の物語としても親友である信正との関係には
一応の決着が付くものの、満親の人生としては
まだまだこれからというところで終わってしまいます。
個人的には歴史小説としてはその人物の一生を
最後まで描くタイプが好きなのでここは引っかかりました。

調べてみたら、この後の満親は本作では宿敵扱いだった
真田幸綱の孫である信繁を預かったりするようですし、
他にも嫡男が追放されたりと、川中島以降の人生の方が
波乱万丈に見えてきてむしろこっちを読んでみたかったなと。
上杉家の家臣となった信濃勢力という着眼点は良かったので
どうせならその結末まで見せて欲しかったところです。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック