手を出したものの感想を書き溜める場所
『恋愛教室』体験版 感想
公式はこちら。
恋愛教室応援中!
UnN/Aのデビュー作である『恋愛教室』を体験してみました。

このゲームの特徴はキャラやお話ではなく
投票の結果によってヒロインを選ぶという企画方針。
個人的にこういった企画はあまり好みではないこともあって
今回の体験版もあまり期待せずに触ってみたのですが、
なかなかどうして、意外と楽しめる内容でした。

去年まで女子校だった学園に主人公が転校してきて
ハーレム状態になるのはエロゲーではよくある流れですし、
今までこれ系の作品には魅力を感じなかったんですよね。
それなのに何故今回は楽しめたのかというと、
これは主人公の存在によるところが大きかったです。

この主人公、特に派手な個性があるわけではないですが、
ヒロインへの対応をよく考えているのが面白いですね。
基本的にヒロインたちの長所を褒めて伸ばす方向で
積極的に喜ばせたり照れさせたりするのは見てて心地よい。
何故モテるのか分からない主人公は多々いますが、
この主人公の場合は彼女たちが寄ってくるのにも納得です。

褒めるだけではなく、純粋なヒロインに対しては
黒い部分を見たいという欲望を抱くところもいいですね。
下衆な欲望だと自覚しつつそれを捨てきれない姿は
共感できる部分がありますし、面白い人間だと思います。

ツンツンしているヒロインに対しては
隙を伺いつつ軽く逆襲してぐぬぬとさせるところも良い。
ツンの酷過ぎるヒロインが嫌われるのは
ヒロイン自身の問題ももちろんあるのですが、
やられっぱなしの主人公にも問題があると思っているので
この作品の主人公の対応にはスカッとさせられます。

ヒロインは数が多い割にそれぞれのキャラが立っていて、
どの娘相手でも退屈するようなことはなかったです。
まあ主人公の対応の良さに助けられている面もありますが、
全ヒロインのルートを見てみたくなりました。。
ただ、あくまで数が多い割には頑張っているというレベルで、
ヒロイン4人の作品と比べるとそれぞれの出番が少なく
忙しい作品になっているのも事実なんですよね。

このキャラの多さをどう扱うか。
投票結果が出てヒロインが絞られた後に
選ばれなかったヒロインの扱いをどうするのかなど、
企画から来る不安点があることも見逃せません。
正直、むしろヒロインを搾らずヒロインの多さを生かして
各個別ルートは短いながらもバリエーションに富んだ
作品にしてくれればまだ分かりやすかったのですが…。


まとめ。
プレイ前の悪い印象覆してくれた体験版でした。
主人公のヒロインへの対応がちょうどいいおかげで
引っかかる部分が少なく、ストレスが少なかったです。

ただ、この作品の魅力は個性豊かなヒロインたちに対して
綺麗に対応する主人公によるところが大きいですし、
ヒロインが少なくなるとパワーダウンしてしまうような?
ヒロインの数が減ってしまうとシナリオ勝負になりますし、
果たしてそこでどれだけのものを見せられるのか…。

そんな感じで不安要素はあるものの、
今のところキャラや雰囲気との相性は悪くないですし、
6月の購入候補としてストックしておきます。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック