手を出したものの感想を書き溜める場所
『機巧のイヴ』乾緑郎 感想
機巧のイヴ
機巧のイヴ
posted with amazlet at 17.05.19
乾 緑郎
新潮社
売り上げランキング: 550,333

我々が知っているものとは微妙に異なる江戸時代を舞台に
カラクリに纏わる様々な出来事が描かれる幻想時代小説。

最初の短編「機巧のイヴ」は人間と機械人形の心を扱った
定番のSFストーリーを時代劇風の味付けで見せた感じで、
これはこれで短編小説としてよく出来ていたのですが、
それ以降の物語でどんどん世界観が掘り下げられていって
短編集としての構成の妙を感じられる作品でした。

タイトルの機械人形・伊武は重要キャラではあるものの、
彼女を起点として多種多様な人物を絡ませることで
読者を飽きさせない物語を見せてくれるのが素晴らしい。
世界観の説明にしても長々と地の文で説明するのではなく、
捔力取り、隠密、天帝といった人物が行動して示すことで
読者にはあっさりと、それでいて面白く見せています。

5つの短編の流れも面白いですね。
最初の2つは機械に関わった人間の不幸を描いていたので
そういう雰囲気のまま続くのかと思いきや、
3つ目ではこの世界観を生かしたサスペンス調になり、
4つ目、5つ目では人間と機械の小さな幸福を描いています。
綺麗に雰囲気が反転する短編集を読んだのは久々かも。
そのおかげで、怪しげな雰囲気の幻想小説にもかかわらず
日常物のような温かい読後感になっているのは興味深い。

機械人形という題材は使い古されたものですが、
単なる江戸時代ではなく架空の時代設定を混ぜることで
より幻想的な雰囲気を強くすることに成功した作品。
この世界観での物語をもっと見たくなる短編集でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック