手を出したものの感想を書き溜める場所
『Fate/stay night』 感想
公式はこちら

TYPE-MOONの名声を決定付けたFateの初代作品を
10年ぶりぐらいにプレイしてみました。
この作品が出た頃にはまさかFateシリーズが
これほど続くとは思わなかったですね。
そして月姫2がこれほど出ないとも思わなかったです。

まあそれはさておき。
久し振りにプレイしましたけどやっぱり面白いですねー。
画面サイズは小さいですしボイスも入ってないんですけど、
今でもフルプライスで買っても惜しくない出来です。
発売当時は3日ぐらいで一気にクリアした記憶がありますけど、
今回は2週間近くかかったところは年齢を感じさせられます。
でも毎晩楽しい時間を与えてくれたことには感謝したい。

今回プレイして改めて思ったのはこの作品、
ルート封印を上手く使ってるってことですね。
特にHFルートのセイバーオルタ登場やライダーの味方化、
士郎の生き様の変化は前2ルートがあってこそのものでしょう。
自分はルートごとに敵味方が変わる作品が大好きなのですが、
そのツボをゴリゴリ押してくれる作品です。
あと、追い詰められてのパートナー変更も好きなので
凛セイバー降臨のシーンもめっちゃ好きですね。
本気セイバーのステータスの高さは何度見ても笑う。

後に行くほど楽しみが深まる作品であるのは確かですが、
一番王道なのは初っ端のFateルートですね。
改めてプレイしてみると真っ当な戦闘がてんこ盛りで
掴みのルートとしてこれはこれで良く出来てる。
UBWルートでのアーチャー関連のゴタゴタや
HFルートでの黒い影関連の戦闘も面白くはあるのですが、
これらが最初のルートだとテンポが悪く感じてたでしょうね。
3つのルートというよりは、Fate→UBW→HFという順で
1つの作品として構成されているのがよく分かります。
各サーヴァントにしっかり見せ場があるのもお見事。

ただ、昔から欠点だと感じていた部分も2つあって、
それは今回のプレイでも感じられました。
一つはバーサーカーをエクスカリバー一発で殺し切ったこと、
もう一つは前2ルートでの桜の出番の少なさ。
まあバーサーカー関連はヤツの特殊能力を考えると
他のやりようが難しかったというのは分かるのですが、
桜についてはもうちっと出番があってもよかったかなと。
HFまで引っ張って一気に出すのが狙いなのかもしれませんが、
個人的には他ルートでももう少し匂わせて欲しかったです。


まとめ。
いまだ色褪せない名作という感じでしょうか。
システム面でこそ古さを感じさせるものの
シナリオ、キャラの良さは今プレイしても楽しめますし、
その後長く続く作品になったのにも改めて納得です。
最近のエロゲー業界ではこういう力作はご無沙汰気味ですが、
いつかまたこのレベルの作品に出会えると思いたいです。

それはそれとして今度はHFルートが映画化されるらしいですが、
このルートは序盤が結構地味なのが気になるところ。
ゲームならともかくアニメだと映えないように思えますが、
そこをどう料理するかも含めて楽しみですね。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック