手を出したものの感想を書き溜める場所
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第49話 感想
『マクギリス・ファリド』

オルガ、普通に見張りに殺されたっぽい。
これ完全に油断して姿を晒したオルガの失態っすね…。
オルガの死に直面しても落ち着いている三日月。
少しは動揺するかと思ったけどそこまで柔じゃなかったかー。
普通ならここで動揺して立て直すまで数話使いそうですが、
これでもブレないというのが三日月の個性でしょう。

地上では鉄華団基地への総攻撃が開始された頃、
宇宙でもマッキーがラスタル艦隊への突撃を開始。
マッキーはこの期に及んでも諦めていないどころか、
むしろ単機でラスタルを討つことに燃えている様子。
たった一人の力でも世界を変えられることを証明することで
虐げられている者たちに希望を与えるというその考え、
理解できなくもないですが、その先にあるのは修羅の国。
今の世界に満足する者たちには受け入れられない考えです。

そんなマッキーの前に立ち塞がるのはやはりガエリオ。
二人の因縁もいよいよ決着の時か。
一方、地上ではハッシュが死にそうに。
いや機体が爆発してないので生き残る可能性もありますが、
最近の流れを見ていると死んでそうな気がします。
しかしハッシュがやられたとき三日月がちょっと焦ってるの、
最初と比べて随分仲良くなった感があって良いですね…。

バエルVSキマリスの一騎打ち。
今まで大人の汚い強さを見せ付けてきたラスタルも
この戦いは見守る構えのようで、二機は激しく激突します。
アインの力を持ってしても押され気味だったガエリオですが、
機体のダメージを考えない無茶な攻撃によって
戦いの流れは徐々にガエリオ側に傾いていきます。
はぁー、お互いの機体がボロボロになっていくのたまんねぇ!
そして最後は両機体ともに大破と。
久々にいいロボットバトルを堪能させて頂きました。

気体を捨てて脱出したマッキーの前にガエリオが。
仮面が銃弾を弾くシーンはちょっとギャグっぽいなぁ。
でもマッキーとガエリオのやり取りはちょっと泣けました。
マッキーがガエリオやカルタと一緒にいるときを
本当に心地よく感じていたというのは切ないですし、
ガエリオがマッキーを許しそうになるのもまた切ない。
この二人の関係は本当に好きだなぁ。

さて、後は鉄華団が何人生き残るかですが、
物語の盛り上がりとしてはちょっと苦しいか。
一応、地上にはジュリエッタが向かっているとはいえ
三日月とのバトルが今回ほど盛り上がるとは思えないですし、
どうにも消化試合的な印象が拭えません。
こういう予想を裏切ってくれるといいのですが…はてさて。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック