手を出したものの感想を書き溜める場所
トヨタ・ヴィッツハイブリッド 試乗感想
トヨタのヴィッツがビッグマイナーチェンジ。
本来ならフルモデルチェンジするタイミングなのですが、
TNGAプラットフォームの投入がまだまだ先になるため
マイナーチェンジでてこ入れする作戦らしい。
他社が次々と新型を投入する中、果たしてそれで戦えるのか。
というわけで今回のMCの最大の売りである
ハイブリッドグレードに早速試乗してきました。

今回のMCでは内外装の変更に剛性強化、ショック交換と、
ビッグマイナーチェンジに相応しい変更が行われています。
ヴィッツはこの世代の初期型にも乗ったことがあるのですが、
妙にバタバタとした安っぽい乗り味だった記憶があります。
しかしその後、1度目のビッグマイナーチェンジが入った後は
走りの質感が大きく上がっていたのも記憶に残っています。

今回は走りについては更に進化させたということもあって、
しっとりとしつつ安定感のある挙動については文句なし。
スポーティーというほどではありませんが、
乗り心地と安定感を両立させているのはなかなかのもの。
流石にスイフトやデミオと比べるとハンドリングは劣りますが、
それらよりも大人しく走りたいという人には
魅力的なバランスに仕上がっているのではないでしょうか。

エクステリアは更に口が大きくなってクドくなりましたけど、
個人的にはこういうクワッとしたデザインは嫌いじゃないです。
リアのデザインも分割ランプがいい感じですね。
MC前のデザインが好きじゃなかったのでこれも好印象。

ただ、内装に関しては相変わらずいまいちでした。
デザイン自体は平凡ではあるものの悪くないのですが、
どう調整してもドラポジが決まらなかったです。
テレスコ付きなのにここまでしっくり来ないのは珍しい。
足元もフットレストがないせいで左足が疲れます。
これは自分でフットレストをつける人が多いのも当然か。
スイッチ類があちこちにばらけているのも気持ち悪い。
確かに自動ブレーキ搭載以降、車のスイッチは増えましたけど、
新しい車はそこら辺を頑張ってまとめているのと比べると
ヴィッツのスイッチ配置はいかにも古臭い。
あと数年売るならもう少し頑張って欲しかったです。

HVシステムも今となっては目新しさがないですね。
目新しさがないのはガソリン車も同じですが、
ガソリン車と比べるとエンジン音の貧弱さが目立ちます。
もちろん燃費がいいというメリットはあるのですが、
個人的にはそろそろ分かりやすい進化が欲しいところ。
まあその手の楽しさを求める人はもう少し待って
GRでも買ってくださいってことなのかもしれませんが。


まとめ。
マイナーチェンジとしては気合が入っているものの、
他社のコンパクトカーと戦うには力不足な気がします。
足回りは悪くないのですが、その他の部分に関しては時代遅れ、
価格だけはトヨタ車らしく高いというのがなんとも。
せめて対人自動ブレーキやサイドカーテンエアバッグは標準装備、
オプションでACCを付けられるぐらいでもよかったのでは。

とはいうものの、自分の周りにも装備や性能を気にせず
なんとなくトヨタ車を買ってる人が多いですし、
そのまま儲けるのが商売としては正しいのでしょうね。
色々調べている身としては納得できないもやもやが残りますが。

そんな定番のトヨタ車への文句が出たところでお開きとします。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック