手を出したものの感想を書き溜める場所
『ビビビ・ビ・バップ』奥泉光 感想
ビビビ・ビ・バップ
ビビビ・ビ・バップ
posted with amazlet at 17.03.22

講談社
売り上げランキング: 187,574

猫と音楽とSFの入り混じったファンタジー小説。
一応、奥泉さんの過去作品と繋がりがあって
そちらを読んでいればニヤリとできる場面もありますが、
この作品から読んでも十分楽しめると思います。

主人公は女性ジャズピアニストのフォギーさん。
34歳という現代では中年に当たる年齢ですが、
舞台となる21世紀末は平均寿命が大きく伸びたせいで
まだまだ精神的にも肉体的にも若者といっていいレベルです。
他にも紙の本が絶滅して本屋がなくなってたり
携帯端末も装着型になっていたりと、
想像しやすい近い未来の姿が描かれているのが面白い。
お墓ですらネット上に作るとなると
風情もなにもあったもんじゃないようにも思えますが、
作中のようなお見送りが出来るならこれはこれでありかも。

そんな世界でちょっとお間抜けなフォギーさんが
人類の命運を握るゴタゴタに巻き込まれるのがこのお話。
話の肝となるのは人類VSコンピューターという
使い古されたSF作品と同じネタなのですが、
作中の人物も使古されたネタだと分かっていても
コンピューターの暴走を止められないのは少し怖いです。
まあ、今の自分たちにしてもコンピューターに対して
どんな手が打てるのか微妙なところですが。

この場合のコンピューターというのも
厳密にコンピューターといっていいのか微妙なところで、
人間の記憶をそのまま移したコンピューターを
機械として扱っていいものかというのはありますし、
同じ意識でも人の身体を失うだけで変質してしまうと思うと
これまた怖いようなやるせないような気持ちになります。
逆にかつての偉人の技術だけを移植されたロボットたちが
勝手に動き出して最後にセッションするシーンには、
意思の有無とか細かいことはどうでもよくなるぐらいの
カタルシスを感じさせられたりもしました。

奥泉さんの作品は地の文の軽快さが特徴ですけど、
話の方もめちゃくちゃ凝っていて面白いので
そろそろ長編の一本ぐらいは映画化して欲しいところ。
今作なんかは音楽シーンとかSFシーンとか
ビジュアル的に面白いシーンも多いですしね。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック