手を出したものの感想を書き溜める場所
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第48話 感想
『約束』

ギャラルホルンに包囲された鉄華団本部。
ラスタルはマスコミの前で鉄華団を潰すつもりのようですが、
その準備のためにはあと1日だけ必要な模様。
果たしてこの1日で鉄華団は逆転の手を打てるのか?
そして三日月に執着するマッキーは力のある三日月が
オルガの判断に依存している様子が気に入らないようで…。
三日月の行動方針は賛否が分かれそう。
キャラとしてはありですけど主人公としては活躍しづらいか。

オルガの脱出計画のため動き始める鉄華団。
ひとまずはオルガは街まで脱出し蒔苗爺さんと連絡を取り、
残りは本部地下の穴を掘るという分担になります。
地下道からの脱出は王道ですなー。

そしてマッキーはここで鉄華団からの離脱を決断。
武力よりも生きることを優先する鉄華団は
マッキーの目指す方向とは違っていたようです。
マッキーは自分が敵に突っ込んでいるうちに
オルガを街へ脱出させる作戦を提案し、オルガもこれを了承。
いくらなんでも1機で戦況を覆すのは無理がありますし、
マッキーなりに何か隠し事がありそうにも見えますが、
この人はいつも余裕綽綽なのでさっぱり分かりません。

三日月をスカウトしようとしたマッキーですが、
三日月はこれをあっさり拒絶し、マッキーは出撃。
マッキー、一応は綺麗に表現してるけど言ってる内容は
ザックと同じで、もっと頭使えばいいのに…ですね。
出撃したマッキーはイオク様を一蹴して単機で戦闘開始。
イオク様、ここでも生き残るとはもうこれは死ぬ機会なさそう。
マッキーはマッキーでこの包囲を単機突破とかパネェ。
しかしこの状況を見ると鉄華団のMS舞台も突破できそうです。
特に三日月辺りは逃げるだけなら余裕なんでしょうね。

蒔苗爺さんと連絡を取り戸籍改竄の許可を取ったオルガ。
蒔苗爺さん、なんだかんだで筋を通す爺さんである。
しかもタカキのフォローまでやってくれるとは…。
地球への足はテイワズが引き受けることに。
アジーさんの兄貴リスペクトスタイルには涙が。
マクマード親父も許可をくれるとはこちらもナイスおじさん。
これで助かる…ように見えてそうはいかないのが鉄血。
本部に戻ろうとしたオルガが暗殺者の銃撃に倒れ、
いよいよ物語の終わりが見えてきたというところで次回へ続く。

うーん、三日月の動きに関してはオルガが死んだ方が
断然面白くなるんですけど、如何せん残り話数が少ないです。
ウジウジする暇もないですしあっさり乗り越えるのか、
それとも劇場版(あるのか?)あたりで掘り下げるのか。
マッキーの方も今回の活躍を見てるとダインスレイヴを封じて
ガレリオを倒せばラスタルを討てそうに見えなくもない。
色々と先が読めないままラストスパートです。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第48話を見ました。 #48 約束 失墜したギャラルホルンの権威回復の為鉄華団を全滅させることをラスタルは決めており、既に鉄華団を取り囲んでいた。 囲い込みをしているギャラルホルンはマスコミを通じて自分達の正当性を見せつけるために手出しはしないように指示していたのだが、今まで部下の命に救われてきたイオクが武器を捨てて突進していくのだ...
2017/03/19(日) 22:24:31 | MAGI☆の日記