2017/03/12

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第47話 感想

『生け贄』

ついに火星支部の部下にまで見捨てられたマクギリス。
しかし部下の温情によって即ゲームオーバーにはならず、
なんとか火星の鉄華団本部へ逃げ込みます。
火星支部のボス、モブ顔のくせに立ち回りが上手い。
どちらが勝っても損しない大人の選択ですね。

鉄華団内部もマッキーへの対応で分かれている模様。
ボスであるオルガも事ここにいたっては
マッキーを切り捨てることを考え始めます。
しかしラスタルによって鉄華団は指名手配され
じわじわと外堀を埋められている状況。
ラスタル、いざ動き出すと手を打つのが速いなぁ。

犯罪者となった鉄華団からはスポンサーも手を引き始め、
オルガは鉄華団を解散する方向で話を進めます。
クーデリアは味方ですけど彼女一人ではどうにもならず。
比較手まともなザック他数人は脱退を決意しますが、
行く場所のない人間は抜けることもできません。
ザックも鉄華団に人間が嫌いというわけではなく、
その立ち回りの下手さがやるせないんですね。
居残りを決めた大人組も似たようなものか。

三日月、やはりアトラちゃんと致してたか…。
パニクるクーデリアがとても可愛い。
しかもクーデリアも赤ちゃん作る流れとか面白過ぎます。
これが最後の穏やかなシーンになるのか…。

ラスタルと交渉して鉄華団を救おうとするオルガですが、
ラスタルはオルガの提案を一蹴。
ラスタルとしては鉄華団を倒すことによって
ギャラホの権威を取り戻す狙いがある様子。
ギャラホの力を示すのならオルガと取り引きして
鉄華団壊滅の虚報を流すだけでいいような気がしますが、
それをしないのは盛り上がりを優先したためか。

デクスターさんの機転によって資金を確保できたオルガは
新しい戸籍を手に入れ指名手配から逃れることを決意します。
しかしラスタルの動きは予想以上に速く、
既に鉄華団の基地はギャラホに包囲されている状態。
これを突破するのがラストバトルか…。

このまま行くと何人か死につつも
大抵のメンバーは生き残って終わるのかな。
00みたいに劇場版があるのかどうかも気になるところ。
マッキーは余裕ありげに見えますが
まだ何か隠し玉があったりするんですかね。
なんか最近は余裕ありそうで普通に連敗してますし
マッキーに対する信用は地に落ちていますがはてさて。

コメント

非公開コメント