2017/01/29

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第41話 感想

「人として当たり前の」

色々と頼りになる兄貴分だった名瀬が死亡。
名瀬が犯罪者となった今でもその葬式を挙げる
マクマード親父はやはり人情家の親分って感じですね。
しかし組織のリーダーとしてはこうなる前に
名瀬かジャスレイを排除し組織の安定を図るべきだったかも。
案の定、ジャスレイはまだまだ暗躍を続けるようで、
鉄華団も親父もまとめて排除する方向へ動き始めます。

前回の結果に大喜びしているイオク様はですが、
ラスタルはその大雑把なやり方を評価していない様子。
ラスタルとしてはイオク様を切り捨てるか
このまま使い続けるか難しいところでしょうね。

タービンズの生き残り組は親父の下で
今までの事業を継続させてもらえる様子。
親父の温情主義は人間としては共感できますけど、
これは火種を抱え続ける結果になるのでは…。
ラフタとアキヒロの初々しいデートは微笑ましいですね。
しかしラフタのこれ、死亡フラグなのでは。

子供を見て思うところのあった三日月は
アトラちゃんに対してしれっと子作り宣言。
んー、これは最終話で三日月の子供が見られるのか。
アトラちゃんのパニクりっぷりが萌えます。
しかしハッシュくん、最近はすっかりいい子分だなぁ。
ウザキャラ枠は完全にイオク様に移った模様。

ジャスレイの次の一手はラフタ暗殺。
ラフタ、生き延びるかと思ってたけどダメだったかー!
ここまで煽られると鉄華団としては黙っていられない。
ついにオルガはテイワズから離脱し、
マッキーの支援のもとジャスレイを討つことを決断します。
ジャスレイとしては思惑通りなんでしょうけど、
予告を見た感じでは鉄華団の予想以上の戦力に
あっさり叩き潰されそうにも見えますが…。
イオク様もマッキーに動きを封じられそうですし。
ともかく次回の戦闘が楽しみですね。

コメント

非公開コメント

トラックバック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #41「人として当たり前の」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第41話を見ました。 #41 人として当たり前の 名瀬とアミダの葬儀をマクマードは歳星で葬儀をあげるが、そのことでジャスレイの反感を買ってしまう。 「ラフタ、アンタは行ってもいいんだよ?」 「え、どこに?」 「鉄華団に」 「はぁ?」 「さっき聞いたとおり、うちにはMSの乗り手は必要がなくなる。だけど、鉄華団は常に戦力を欲して...