2017/01/22

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第40話 感想

『燃ゆる太陽に照らされて』

お尋ね者になった名瀬はタービンズの解散を決意。
そして親父はタービンズの援護こそできないものの、
タービンズの残党の世話を引き受けることに。
ここらへんの落としどころは事前の予想通りですね。

今後の対応に苦悩するオルガ。
鉄華団としてはタービンズを助けることはできず、
それが分かっているからこそオルガも苦しいところです。
そこで一計案じたのがアキヒロとシノ。
あくまでたまたま現場付近にいたアキヒロとシノが
民間人を救出するというスタンスで方向で
タービンズのもとへ向かうことになりました。
なんだかんだでシノたちも成長してるなぁ。

時間稼ぎをするために残った名瀬とアミダ。
ひとまずイオク様艦隊に停戦信号を撃ったものの、
イオク様はそれを無視して攻撃開始。
しかも禁止兵器で輸送艦を狙うという容赦なさ。
イオク様、視聴者の忍耐を試す存在になりつつあるな。
ようやく装甲を軽々と貫く飛び道具が出てきましたけど、
ビームではなく質量兵器なのが鉄血らしいですね。

ギャラルの物量に押されるラフタたちですが、
そこにアキヒロたちが到着しなんとか戦線離脱。
アキヒロ、なかなかのヒーローっぷりだ。
一方、アミダはジュリエッタの一騎打ち。
新型を駆り戦意十分なジュリエッタですが、
それでもまだアミダの方が一枚上手か。
ジュリエッタは戦闘キャラなのに戦闘ではいいところがない。

しかし予想されていた結末を変えることはできず、
イオク様をびびらせながらも名瀬とアミダは戦死。
ジュリエッタは今回の一戦を糧に少しは成長するのかしらん。
イオク様はもう手遅れなので派手に戦死するしかなさそう。

来週は葬式回かー。
テイワズ内での組織再編がありそうですけどどうなることやら。
ラフタたちは鉄華団に吸収されるんでしょうけど、
名瀬が死んだことでオルガの負担はますます増えそうだなぁ。

コメント

非公開コメント

トラックバック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #40「燃ゆる太陽に照らされて」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第40話を見ました。 #40 燃ゆる太陽に照らされて ジャスレイとイオクの罠によって違法組織として追われる身となった名瀬はタービンズを解散して自分の女達をマクマードに託して自ら犠牲になることを決める。 一方、応援を出そうとするオルガだったが、マクマードに巻き添え喰らって潰されてしまうと止められてしまう。 「分かった。言っとく」 ...