手を出したものの感想を書き溜める場所
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第39話 感想
『助言』

鉄血2期の後半開始です。
タービンズ組がタービンズに帰還。
アキヒロとラフタのフラグはどうなってしまうのか。
そしてこのタイミングでOPもチェンジ。
花のイメージが強い曲ですが、こういう作品で花だと
どうしても散るものという印象が強いですね…。

イオク様、また余計なことをする。
自分の失態で部下を失ったのに
なんで鉄華団のせいみたいになってるんですかね…。
この調子でやらかし続けるとイオク様だけじゃなく
作品全体の印象まで悪くなってしまいそうです。
ラスタルはイオク様というよりはイオク様を含んだ
クジャン家の士気の高さを買っているようですが、
そろそろ手綱を引き締めないとしっぺ返しを食らいそう。

ヴィダールの目的はマクギリスを理解すること。
もともと正体はバレバレでしたけど
ますます正体を隠すつもりがなくなってきたなぁ。
一方、マクギリスもヴィダールの正体に気付いたようで、
本気でギャラルホルン内での革命に乗り出す模様。
しかし2期のマッキーは醜態も多いので心配です。

タービンズの過去話。
これ自体は割とよくあるいい話でしたけど、
このタイミングで話されると死亡フラグにしか見えないぞ。
そして案の定一斉摘発を食らったタービンズ。
名瀬、こうなる前に先手を打てなかったのか。

タービンズを援護しようとするオルガですが、
名瀬はそれを断り逆にオルガを激励します。
ここまでやって名瀬が生き延びる道はなさそうですし、
後はタービンズ組がどれだけ生き延びれるかか。
流石に全滅ってことはないと思いますが…。
親父が黙ってタービンズを切り捨てるかも気になるところ。
タービンズを救うことはなさそうですけど
タービンズの後釜に鉄華団を据えるぐらいのことはありそう。
このゴタゴタの結末が早く見たいですね。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック