2017/01/15

『槐(エンジュ)』月村了衛 感想

槐(エンジュ)
槐(エンジュ)
posted with amazlet at 17.01.15
月村 了衛
光文社
売り上げランキング: 324,898

月村さんといえば機龍警察シリーズが有名ですが、
今回は非常にシンプルなアクションバイオレンス小説です。

高校生が合宿に出かけたキャンプ場に
半グレ集団と中国人マフィアが乗り込んできて大虐殺。
しかし教師に化けていた女テロリストによって
どちらも殲滅されるというとても分かりやすい展開。
沈黙シリーズを日本を舞台にしてやった感じでしょうか。

アクション映画を見ている人にとっては
ほとんど目新しさのない内容になっているのですが、
とりあえずテンポよく殺しまくるので気楽に読めますね。
ピンチになるのは学生たちに任せて
女テロリストはひたすら容赦なく無双するという
はっきりした役割分けが功を奏したのかも。

敵側に関してはボスですら大して強くない感じですが、
敵が強いとこれだけサクサク殺せなかったでしょうし、
そこはテンポを優先したのかもしれません。
教頭VS中国人、中国人VS黒人のバトルは熱かったですけど。

モブには厳しいもののメインキャラはほぼ死ななかったおかげで
死者が多い割には後味はあまり悪くないですし、
良くも悪くもサクッと読んでサラッと次にいける作品でした。

コメント

非公開コメント