手を出したものの感想を書き溜める場所
『誉れの赤』吉川永青 感想
誉れの赤 (講談社文庫)
吉川 永青
講談社 (2016-06-15)
売り上げランキング: 106,492

戦国時代の赤備えといえば武田、そして井伊が有名ですが、
この小説はそのどちらにも属した男が主人公です。
武田も井伊も歴史小説の主人公としては常連ですが、
その下の赤備えに注目した小説は珍しいのではないでしょうか。

まず冒頭、長篠の戦いで武田の赤備えが崩壊し、
主人公が徳川の捕虜となるところから物語は始まります。
そこから上司を転々として最終的に井伊家に落ち着くのですが、
この辺りの自分の身の置き所が落ち着かない感じは
現代の仕事でいえばプロジェクトごとにチームが解体され
また別のチームで仕事する感じに似ているのかも。

しかしそんな忙しい状況の中でも
主人公が腕と度胸と純粋さで評価されていくのは爽快でした。
最初が頑固だった井伊直政が主人公の純粋さに影響され
少しずつ丸くなっていく展開も微笑ましかったです。
親友との別離も武士と農民という立場の違いだけでなく
お互い譲れない考えがあるので納得できる展開でした。

ただ、ラストはちょっと納得できなかったです。
これはもう完全に好みの問題になるんですけど、
こういう主人公にはハッピーエンドを迎えて欲しかったです。
最後まで人物描写が丁寧だっただけに
井伊主従の今後の成長が楽しみだったのですが、
それが外的要因で断ち切られたのが勿体無くてたまりません。
生きて帰ってこその赤備えって散々言ってたのに…。

とはいえ赤備えという着眼点や人物描写は面白かったですし、
また新たな視点で歴史を楽しむことのできる作品でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック