2017/01/11

スズキ・スイフトRSt 試乗感想

スズキの最重要車種と言えるスイフトがモデルチェンジ。
先々代乗りとしては気になる存在なので早速試乗してきました。
グレードはRSt、話題のターボ車です。

エクステリアは最近の流行である大口グリルタイプ。
この手のグリルはデミオが代表車種みたいに言われていますが、
外車では珍しくないですしそちらの流行に乗ったのかな。
後ろのドアグリップの位置もルノーがよくやっていますし、
国産車でもヴェセルやジュークがやっていますね。
今時の流行と歴代スイフトの特徴が上手く合わさっていますが、
目新しさはそれほど感じられないデザインになっています。

ドアグリップは使い勝手が悪いので下の方が良かったですね。
買い物袋持った状態で開けるのがなかなか辛い。
トランクより後席に荷物を置くことが多いのでこれは痛いです。
あと、純正バックカメラの位置は悪い意味で目立ちます。
これはディーラーでも自覚しているようで、車外バックカメラを
ナンバープレートの上に付けることをオススメされました。

インテリアではメーターのかっこ良さが印象的でしたけど、
0が真下なのと220まで表示されているせいで見にくかったです。
スイスポならともかくそれ以外では180まででよかったのでは。
シートのサポートが肩まであって包まれ感があるのは良し。
後席とラゲッジがちょっと広くなっているのも良し。
でも室内中央のマップランプがなくなったのは微妙。
MCで追加されそうな気もしますが、コストカットを感じます。
樹脂の質感も先代の方が良かった気がします。

さて、肝心の走りはというと、流石に軽快です。
軽いボディにトルクの太いエンジンの組み合わせで
ちょこっと踏んだだけでもスイスイ加速していきます。
恐らく高速道路でも力不足に感じることはないでしょう。
3気筒の振動もそれほど感じられなかったのですが、
それでも4気筒よりは確実にブルブルしているので
今後の経年劣化が気になるところです。

ボディの挙動についてはいまいちでした。
これはアルトのときも感じたのですが、硬い足回りに
軽くて硬い箱が乗っている感じで妙にヒョコヒョコします。
個人的にはもっとドッシリしててフラットな方が好きだなー。
先々代や先代はコンパクトカーの割にドッシリしてたんですけど、
新型は良くも悪くもコンパクトカーらしい挙動です。
同乗者がいるならバレーノの方がいいんでしょうけど、
あっちは安全装備で劣ってるんだよなぁ…。


まとめ。
進化は感じられるものの、良し悪しはまた別。
エンジンやACC、自動ブレーキなどの各種装備は文句なし。
しかし乗り心地や使い勝手の面では引っかかる面も多かったです。
先代先々代は欧州車に通じるドッシリ感があったのですが、
新型は軽快なスポーティーさに割り切っている感じです。
軽量ボディではドッシリ感を出すのが難しかったのかもですが…。

3代目スイスポは2代目と比べて大人しくなったと言われますけど、
個人的にはあれは好ましい変化だったんですよね。
それを考えると今回のモデルチェンジは好みから外れる方向。
装備とコスパを考えると有力な選択肢ではありますが、
買い替えを即決するほどの魅力はないって感じでしょうか。
先代にこのエンジンと安全装備がついていれば即決でしたけどね。
ホント、コンパクトカーは一長一短で悩ましいです。

コメント

非公開コメント