2017/01/05

『事故調』伊兼源太郎 感想

事故調
事故調
posted with amazlet at 17.01.07
伊兼 源太郎
KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング: 779,637

人工海岸での陥没事故で幼児が意識不明の重態に。
事故の調査を命じられたのが元刑事の公務員・黒木。
この陥没事故の調査と黒木の生き方の二つが話の軸です。

この黒木、刑事時代のミスが原因で退職したわけですが、
このミスというのがどうしようもない出来事で、
誰も黒木を責めてないのに勝手に辞めちゃったんですよね。
完璧主義が悪い方向へ働いてしまった感じで、
前半は過去の出来事を思い出してウジウジし続けるせいで
読んでいて非常にストレスが溜まる展開でした。

ただ、後半やる気を出してからはそれが反転します。
僅かな手がかりでも諦めないでねちっこく追い続ける。
ウジウジがネチネチに上手くすり替わっていて、
これは現役時代に優秀な刑事と評価されたのも納得です。
そんな黒木が大舞台で真相を明らかにするカタルシスは凄い。
市長も潔いところがあったのは良かったですね。

今回の事件は職員の事なかれ主義が重なった結果ですが、
各職員の対応に共感してしまう部分も多かったです。
「責任取れるのか」と言われると何も言えなくなる。
こういうのは直した方がいいと思う人も多いでしょうけど、
いざ自分で動こうとするととてつもなく壁が大きいですね。
だからこそ黒木みたいな刺し違える人間でもいないと
改善されることはないんでしょうけど…。
上の人間だけでなく下の人間も変える必要がありますし
果てしない戦いになりそうでちょっとげんなりします。
陥没事件については決着しましたけど、
人の業についてはひとまず棚上げという感じですかね。

とはいえ、黒木の前半と後半での反転は痛快でしたし、
お役所サスペンスとして楽しめる作品だったと思います。

コメント

非公開コメント