2016/12/23

『人気声優のつくりかた』体験版 感想

公式はこちら。
『人気声優のつくりかた』
微妙にブランドカラーが安定しないMintCUBEの2作目である
『人気声優のつくりかた』を体験してみました。

役者の卵である主人公が声優業界に首を突っ込むこの作品。
主人公は自分の芸能に対する才能に見切りをつけつつ、
他人の世話を焼くことに喜びを見出しつつある青年ですが、
こいつの安定感のおかげで非常に読みやすかったです。
若さゆえの早とちりやミーハーさはあるのですが、
切り替えが早くフォローも上手いおかげで好感が持てました。
作中でモテそうだと言われるのも分かります。

芸能界について少し齧っているものの
声優という職業に対して素人という立ち位置も良いですね。
社会人の端くれなので仕事への理解は早いですし、
声優について作中で違和感なく説明できています。
ヒロインに対しては聞き上手でありながら
プレイヤーに対しては説明上手な良主人公だと思います。

ヒロインは3人になるのかなー。
3人とも魅力的にかかれてはいるものの、
フルプライスにしてはちょっと少なく感じます。
いつみは堅物な第一印象に反して隙が多いですが、
こういうキャラにありがちな意地っぱり要素は少なめ。
正論は素直に受け入れてくれるので話が拗れないのは好印象。
コンプレックス面でも共感しやすい部分が多く、
ついつい世話を焼きたくなってしまうヒロインです。

小夏は兄である主人公との距離感がいい感じ。
お互いブラコンシスコン気味ではあるものの
エロゲー基準ではよくあるほどベタベタするわけではなく、
一歩だけ離れてお互いをよく見ている感じです。
あと、ある程度世慣れたキャラばかりであるこの作品で
主人公以上のド素人であるこういう娘がいてくれると
会話の幅が広がるので重要なキャラですね。

くるしーは普段の落ち着きの中に見える
人見知りっぷりが微笑ましい。
耳年増感の溢れる正論は普通ならイラッとさせられそうですが、
本人がいっぱいいっぱいなので可愛く見えてしまいます。
あと主人公の反応が上手く高嶺の花感を出していて、
それと本人のギャップが可愛く見えるという面もあります。
これはくるしーに限ったことではなく
主人公の対応がヒロインの魅力を引き出している作品ですね。
しかしこの価格なら音杏もヒロインでもよかった気がします。

まとめ。
正直、タイトルからは手抜き臭さを感じていたのですが、
いざプレイしてみるといい意味で裏切られました。
ヒロインは3人ともそれぞれの魅力がありますし、
主人公はヒロインの魅力を上手く引き出しています。

気になるのは値段が高めな割にヒロインが3人ということと、
声優業界というネタの料理が難しそうなところ。
果たして声優と付き合うという要素を
どれだけ個別ルートで行かすことができるのか…。

そんな感じで微妙に不安はあるものの、
体験版の印象は良かったので1月の購入候補の一角ですね。

コメント

非公開コメント