手を出したものの感想を書き溜める場所
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第37話 感想
『クリュセ防衛線』

間一髪、ライドを助けた三日月ですが、
MAを目にした三日月とバルバトスには異常が。
一方、マクギリスはヴィダールと対峙したものの、
ここはヴィダールが自分の任務を優先して撤退。
しかしヴィダールはマクギリスに痛烈な言葉を投げつけ、
それは確かにマクギリスにダメージを残したようです。
お互いに複雑な感情を抱えてそうなところが実に良い描写。

MAとの戦闘中にグシオンが機能停止。
戦力の要であるガンダムがMAと戦えないのは厳しいなぁ。
しかしここはチャドが頑張ってMAの進路を変えることに成功。
チャド、地球ではいいところがなかったけど頑張った!

ジュリエッタの制止を振り切りまたしても出撃するイオク様。
うん、もう嫌な予感しかしないぞこれ。
味方にだけ迷惑をかける兵器と化している感があります。
でもやけくそ気味にヴィダールを呼ぶジュリエッタは可愛い。

ザック、まさかのインテリサイドだった。
これはメカニック側にとってはありがたい人材ですね。
相変わらず作戦側や経理側は手薄ですけどね。

MAの足止めするチャドたち。
しかしここでイオク様の一撃が炸裂したせいでMAが加速し、
またしても鉄華団の作戦が台無しに。
ジュリエッタ、そいつ死んだ方がマシなアホだぞ…。
まあ話を混乱させるには便利なキャラですけど。

ライドの奮戦とフラウロスのキャノンによって
MAと子機の分断に成功した鉄華団ですが、
肝心のギャラルホルン軍団が意外と不甲斐ない。
マクギリス、石動、ジュリエッタというエースクラスが
3人揃っていても足止めすら出来ないとは…。
そしてこういう局面で頼りになるのはやっぱり三日月。
バルバトスも本気モードか…というところで次回へ続きます。

長かったMA戦も次回で終了か。
果たしてリミッターを解除したバルバトスの力とは。
そしてギャラル組に活躍の場はあるのか。
とりあえずイオク様には大人しくしていて欲しいですね。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック