手を出したものの感想を書き溜める場所
『スキとスキとでサンカク恋愛』 感想
公式はこちら。
スキとスキとでサンカク恋愛
ASa Projectの最新作である
『スキとスキとでサンカク恋愛』の感想です。

…うーむ、なんとなくちぐはぐ感のある作品だったかな?
共通ルートは面白かったです。
オタクネタを多用したハイテンションコメディという感じで、
キャラクターも生き生きと輝いていたと思います。
オタクネタ連発は好みが分かれそうなところですが、
自分はオタクキャラ大好きなので問題なしですね。
共感できるネタも多くてニヤニヤしながら楽しめました。

ただ、それ以外では引っかかる部分も多かったです。
まずタイトルで言われている三角関係ですが、
これについては最初から最後まで印象が薄かったですね。
一応、それらしき展開はあるものの、
よくあるヒロインと噛ませヒロインの関係レベルで、
三角関係を売りにするには力不足な扱いだったと思います。
作風的にガチな修羅場になるとは思ってなかったですが、
悪い意味で普通過ぎて面白さのない展開だったかなと。
もっとハチャメチャな三角関係を見せて欲しかったなぁ。

そのせいか個別ルートもあっさり気味。
個別ルート序盤のちょこっとしたイベントが終わって
さあこれから、というところで終わった感がありますし、
総じて恋愛方面の描写が物足りなく感じました。
ちょくちょく挟まれるギャグは面白かったですけどね。

ヒロインでは志衣菜先輩が良かったですね。
初対面からグイグイ来るけど話を進めるうちに
コミュ障でヘタレな面も見えてくるという
分かりやすいギャップ萌え狙いなキャラクターですが、
これが手堅く決まっていて素直に可愛く思えました。
真帆は良くも悪くも普通の幼馴染。
悪くはないですけど志衣菜先輩に食われた感もあります。

しかし七瑠、すずは個別で失速してしまった印象
どちらも妹としてのめんどくささが悪い方向に出ていて、
作中で言ってる謎シリアスがブーメランになっていました。
変にシリアスにしなくても、七瑠はお馬鹿なノリの良さ、
すずは腹黒さを武器に兄を攻略していくような
コメディちっくな展開にした方が楽しめたかもしれません。

サブ二人は本当におまけ扱いですね。
自分は腐女子好きなので茜先輩の話をもっと見たかったです。
BL好き腐女子って丁寧に書けば絶対面白いと思うんですよね…。


まとめ。
共通は面白かったけど個別はイマイチでした。
三角関係を謳っている割には恋愛関係はアッサリめで、
ヒロインも志衣菜先輩以外は能力を発揮できたとは言い難い。
特に妹二人は彼女らが本来持っていたキャラの濃さを
妹というエロゲーでは使い古されたシリアス要素で
塗り潰してしまったように思えました。

一歩引いて見るといわゆる普通のラブコメではあるのですが、
自分は体験版での七瑠のキャラクターが凄く好きだっただけに、
プレイ後に物足りなさが強く残ったのかもしれません。
ギャグとの相性は良かったんですけどね…。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック