手を出したものの感想を書き溜める場所
『幻夏』太田愛 感想
幻夏 (単行本)
幻夏 (単行本)
posted with amazlet at 16.12.03
太田 愛
角川書店
売り上げランキング: 267,412

二十三年前に失踪した一人の少年。
その捜索を依頼された私立探偵・鑓水は調査を続けるうちに
かつて少年の家族に起こった悲惨な事件にぶち当たります。
更に時同じくして少女の誘拐事件が発生。
その誘拐事件の現場にはかつて少年が失踪した場所に
残されていたものと同じマークが刻まれていて…。

という感じで過去と現代が繋がって行く話なのですが、
最初はその繋がりがまったく分からず、
そのせいで先が気になってぐいぐい引き込まれました。
とはいえ、現代の方の事件の構造はシンプルなので、
序盤で手札が揃うところまで進めば
あっさりと犯人が分かる人も多いかもしれません。

ただ、そこに過去の事件のやるせなさを絡めることで
人情小説として最後まで読ませるパワーを引き出しています。
冤罪が重要な要素として扱われているのですが、
冤罪を食らった本人は既に死亡していて、
その家族に冤罪被害を丸投げする構造は珍しいかも。
冤罪小説では冤罪を晴らしてスッキリ終わることが多いですが、
この作品では冤罪を晴らしてから地獄が始まるんですよね。

誤認逮捕での警察の謝罪は珍しくないですが、
本当は謝罪してからのケアの方が重要なんでしょう。
もちろん、誤認逮捕がゼロになるのが一番望ましいですけど、
そっちはそっちで険しい道のりでしょうね…。
出口が見えない重さの漂う作品でしたけど、
そんな中で登場人物の友情には一縷の望みが感じられました。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック