2016/12/03

『道徳の時間』呉勝浩 感想

道徳の時間
道徳の時間
posted with amazlet at 16.12.02
呉 勝浩
講談社
売り上げランキング: 37,131

第61回江戸川乱歩賞受賞作。

かつて講演会で300人が見守る中に起こった刺殺事件。
犯人は「道徳の問題」と言ったまま口を閉ざし13年後、
この事件のドキュメンタリー映画が撮られることに。
カメラマンとして撮影に参加した伏見は
撮影を続けるうちに監督の行動に不信感を持ちはじめ…。

まず設定が非常に魅力的ですね。
果たして300人の目撃者は本当にナイフを見たのか。
被害者と加害者、目撃者の本当の関係とは。
映画の撮影は冤罪を匂わせながら進むのですが、
あからさま過ぎてそれが真相ではないのは分かる。
しかしそれならこの物語に隠されているものは何なのか。
という不気味さにグイグイ引き込まれました。

ドキュメンタリー映画の撮影という手法も
通常のミステリーの捜査パートとは一味違っています。
自分の想像通りの絵を撮りたいという欲望と
事実を明らかにしたいという欲望に挟まれ足掻くのは
ジャーナリストという立場ならではのもの。

ここで問題となってくるのが「道徳」ですね。
芸術のためにどこまで無茶をできるかというぐらいなら
まだ分かりやすいですが、更に正義を行うために
人としての道を踏み外すとなると答えは迷宮入りに。
この作品の主要人物はそれぞれが譲れないもののために
暴走といっていいほどの無茶をしてしまうわけですが、
それに対して法ではなく個人として許せるか許せないか、
その基準になるのが道徳ということなんでしょうか。
作中の子供ですら持っていた自分個人としての行動基準を
いい大人である自分が持っているかというと…。

単に道徳を守るというだけではなく、自分だったら
どういう状況ならそれを踏み越えられるかというところまで
考えさせられる作品だったと思います。

コメント

非公開コメント