2016/11/20

『あきゆめくくる』体験版 感想

公式はこちら

独特な作風のゲームを出し続けるすみっこソフトの新作、
『あきゆめくくる』を体験してみました。

遺伝子操作で産まれた6人の少年少女が
量子爆弾によって狂ってしまった街に隔離され、
都市の現状を変えるためにラブコメを演じるというのが本作。
主人公の生い立ちからそれが原因で起こった大騒動、
更にはループする街とそこを徘徊するブヨブヨというように
凝った設定が満載で薀蓄の多い内容でしたけど、
テキストのノリが軽快なのでスラスラ読めました。

根幹の設定はSFですが、キャラの経歴の設定は
厨二要素で料理しているところも面白いところですね。
惨歌事件とか咎五家とか文字を見るだけでワクワクします。
いい意味で頭のおかしいキャラばかりだったのも好印象。
初っ端で出た妹の強烈な性格には見事に心を掴まれましたし、
それ以降に出てくるキャラも見事に変人ばかりで
これまたワクワクしてしまう展開でした。
まあエロゲーヒロインとしては個性的過ぎるので
駄目な人には駄目でしょうけど、個人的には大好きです。

ヒロインで一番印象に残ったのは柚月ですかね。
やはりいきなり去勢をごり押しされのは衝撃的でした。
妹のシモネタ祭りが終わったので油断していたのですが、
まさかそこにとんでもない爆弾が待っていたとは…。

しかし好みなのはキスとか妹などの貧乳組かな。
キスはシリアスモードの怖さとアホモードの可愛さが
ザ・ギャップ萌えって感じで見ていて非常に楽しめます。
両手挙げてる立ち絵が狂おしいほど好き。
妹は冒頭のシモネタ祭りが楽しかったんですけど、
果たして今後どれだけ登場してくれるのか…。
エロシーンはあるようですが。

歩は主人公といるときは振り回す側なんですけど、
他のヒロインには振り回されているのが面白いですね。
この娘も変なんですけど他の娘らが変過ぎるのが原因なのか、
それともそういう役割を期待されているからなのか。
沙織も初対面時がキレッキレだった割には大人しいですが、
この娘は二人きりだと何されるかわからない怖さがあります。
おっぱいを揺らしている限りは平和なんですけどねー。


まとめ。
うむ、面白かった。
癖の強い作品なので好き嫌いは分かれるでしょうけど
自分的には設定、キャラ、テキストともに文句なし。
こういう大量の設定と頭のおかしいキャラを使って
プレイヤーを引っ掻き回してくる作品を触るのは久々かも。
結構長い体験版でしたけどじっくり読んでしまいましたし、
もしかしたらこんな作品に飢えていたのかもしれません。

今年の12月は面白そうな作品が多いですけど、
この作品も有力な購入候補のひとつとして覚えておきます。
……しかし今回かなり相性が良かったせいで
「はるまで」と「なつくも」の方も気になった来たぞい。

コメント

非公開コメント