2016/10/25

『シンソウノイズ~受信探偵の事件簿~』体験版 感想

公式はこちら

Azuritのデビュー作品である
『シンソウノイズ~受信探偵の事件簿~』を体験してみました。
デビュー作品なのにLiar-soft×シルキーズプラスの
コラボ作品というのが謎ですが面白ければ無問題でしょう。

というわけでプレイしてみたのですが…はい、面白かったです。
ドモリでコミュ障な主人公が他人の心を読む力を武器に
様々な事件を解決して行くという本作。
今となっては読心系の主人公は珍しくないですが、
それが誰の声か分からないというのはちょっと珍しい気が。
誰の心の声でも同じ声質で聞こえるせいで
誰が喋っているのか予想しながら読むのがとても楽しいです。

主人公は基本的にビビリで普段オドオドしているのですが、
追い詰められるとヤケクソ気味に推理し出すのが面白いですね。
推理披露するときのイケメンっぷりには噴くしかない。
他のメインキャラにしても長所と短所の見せ方が上手く、
どのキャラがどんな結末を迎えるのか非常に気になります。

ちょっとした推理ゲームもあったりしますが、
攻略法を見ず総当りでも解けるのはいい感じですね。
これぐらいの難易度だとかえって本気で考えてしまうような。
ここらへんは複雑になり過ぎない程度にお願いしたいところ。

今回の体験版は基本的にゆるめの雰囲気で進むものの、
最後に本物の事件が起こって終わるという切り方もナイス。
さくらが死ぬのは分かっていましたけど、
それでも実際に死ぬ場面を見るとワクワクしてきますね。
今のところ主人公の読心設定以外は普通の推理物っぽいですが、
今後は更にファンタジー設定が出てくるでしょうし、
どのような結末を迎えるのか今から楽しみですね。


まとめ。
年末の期待作でしょうか。
ヒロインについては正直それほど萌えなかったのですが、
それを補って余りあるほどシナリオが面白かったです。
主人公はリアクション豊かで見てて楽しいですし、
心の声という設定も上手く使われていたと思います。
推理ゲームの適度な緩さも好印象。

割と複雑そうな作品だけにライターが3人いるというのが
気になるところではありますが、年末の期待作なのは確かです。

コメント

非公開コメント