手を出したものの感想を書き溜める場所
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第28話 感想
『夜明け前の戦い』

ひとまず桜農園に匿われることになったクーデリア。
三日月、農場の今後のことも考えているようですけど、
果たして穏やかな結末を迎えられるのだろうか。

ギャラルの石動と合流した鉄華団。
しかし合流してきた艦隊は石動の持つ1隻だけで、
艦隊のメインとなるのは鉄華団になる模様。
鉄華団の負担は大きくなるものの、
オルガとしては作戦の主導権と手柄を優先するようです。
メリビットさんとオルガ、仲良くなってて微笑ましい。
そして三日月とオルガのツーカーっぷりを
羨ましそうに見ているアトラちゃんは可愛い。

孤立した敵旗艦を急襲する予定だった鉄華団ですが、
既に敵艦隊は集結済みで見事にいっぱい食わされた形に。
しかし数では劣勢とはいえここで引く選択肢はないのが鉄華団。
ひとまず三日月を先行させ敵MS部隊をかく乱させた後、
艦隊による敵包囲網の突破を試みます。
アキヒロのグシオンは今回が2期の初出撃。
4本腕の異形っぷりいいぞー。

ちまちまと敵の数を減らし続ける三日月。
相変わらず戦い方がエグくてかっこいいですけど、
鉄血のMSは射撃では沈まないこともあって
戦況を逆転するところまでは行かない様子。
とはいえ装甲が硬いのは艦艇だって同じなわけで、
集中砲火を受けている鉄華団の船もそう簡単には沈みません。
ユージンの鼻血操艦も生きるというもの。

最初の陣形の不利を脱した鉄華団。
しかし流石に敵の数が多く、補給状況は綱渡りに。
グシオンの鋏は接近戦が多い鉄血世界だと強そうですが、
やはりギミックが多過ぎて整備性は劣悪っぽい。
殺伐とした状況でアトラちゃんが唯一の癒しである。
そして三日月との差を実感しつつあるハッシュの今後は。

ギリギリの状況でようやくギャラルの援軍が…
と思いきや、到着したのはラスタル側の艦隊でした。
イオク様、相変わらずジュリエッタに冷たくされてて可愛い。
そして仮面の男の声が…これは確定ですなぁ。

ラスタル艦隊の乱入によって戦場は三つ巴に。
しかしイオク様といいサンドバルといい
戦場に司令官が出撃しまくってるのが面白過ぎるでしょ。
石動も普通にMSで戦っていますし、
オルガが一番まともな司令官に見えるというのがね。
そしてサンドバルを狙う三日月と
ジュリエッタが激突したところで次回へ続く。

いやはや、30分ほぼ戦闘で見所がありましたし
それでいて飽きが来ないのが凄かったですね。
仮面さんの声も聞くことができましたし。
来週頭ぐらいで決着がつくんでしょうけど、
なんだかんだでサンドバルは逃げ延びるのかなー。
果たしてクジャン様に活躍の機会はあるのだろうか…。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第28話を見ました。 #28 夜明け前の戦い 「ギャラルホルンの航路を堂々と使えるのってなんかムズムズする」 「いつもならアリアドネの監視網を避けて飛んでるからね」 「楽でいいじゃないすか」 「まぁね」 夜明けの地平線団とやり合う覚悟の鉄華団はマクギリスが派遣した石動率いるギャラルホルン艦隊と共同戦線を張ることになる。 「そ...
2016/10/16(日) 22:17:50 | MAGI☆の日記