2016/10/06

『鳳雛の夢』上田秀人 感想

鳳雛(ほうすう)の夢
鳳雛(ほうすう)の夢
posted with amazlet at 16.10.06
上田 秀人
光文社
売り上げランキング: 286,853

遅れてきた戦国大名、伊達政宗を主人公にした歴史小説。

うーむ、面白かったといえば面白かったのですが、
その面白さは政宗という実在の人物のおかげであって
本作独自の面白さではなかったと思います。
政宗の幼少期から没するまでを一通り書いているのですが、
人物描写が薄いこともあってか全体的にあっさりしていて
ウィキペディアの戦国大名の項目を見ているような感じ。
それでも面白いのが戦国大名の生き様ですが、
小説であるからにはもう少し掘り下げて欲しかった。
ライバルである最上義光の物語、「北天に楽土あり」を
読んだばかりということもあって粗が目立ちました。

ただ、味付けが薄めだったおかげで
政宗という人物にシンプルに迫れた感もあります。
奥州で泥仕合を繰り広げているうちに信長や秀吉が台頭し、
豊臣と徳川の争いは蝙蝠外交で乗り切って
豊臣滅亡後は家康死後のワンチャンを待ち続ける。
時の権力者に対して全力で媚を売ることも厭わない姿勢は
一周回った清々しさのようなものさえ感じさせますね。
ただ、こういう政宗像も嫌いではないのですが、
それを打ち砕くような物語が見たかったのも確かです。
歴史小説であるからには史実以上の何かが見たかったですね。

コメント

非公開コメント