手を出したものの感想を書き溜める場所
『北天に楽土あり: 最上義光伝』天野純希 感想
北天に楽土あり: 最上義光伝 (文芸書)
天野 純希
徳間書店
売り上げランキング: 239,210

東北の謀将として名高い最上義光の物語。

最上義光といえば大河ドラマの影響もあって
世間では伊達政宗の敵役というイメージが強いようですが、
自分は大河の政宗は見てなかったので偏見なしで読めました。

物語としては、奥州で小競り合いをしているうちに
畿内では秀吉が覇権を握り、小競り合いどころではなくなって
秀吉や家康といった天下人への対応へ追われるという流れ。
この時期の奥州諸大名の典型的な話という感じですね。

しかしまず義光の娘が豊臣秀次失脚騒動のとばっちりで
斬首されるシーンから始まるというのが上手い。
開幕早々に底知れぬ怨嗟を叩きつけられたせいで
一気に物語に引き込まれました。

面白かったのはやはり甥である政宗との関係ですね。
シスコンとして名高い義光だけあって
妹の子である政宗の博打のような行動で毎回被害を受けても
最後の最後で甘さを見せてしまうのはシスコンゆえか。
政宗は政宗で母親に頭が上がらないところが可愛かったり。

後半のVS上杉戦も熱かったです。
義光も直江兼続もギリギリの戦いという感じで、
ラストバトルに相応しい盛り上がりがあったと思います。
上杉勢のこの辺りの動きは今まで不甲斐ないという
印象が強かったのですが、この小説ではしっかり燃えました。

その後の最上家の結末は何ともやるせない、
小大名の悲哀を感じさせるものとなっていて、、
この辺りの流れは同じ天野さんの作品で
長宗我部元親を描いた『南海の翼』と重なりますね。
今回の話も切なくて悪くない終わり方ではあるのですが、
元親の壮絶な狂いっぷりを描いた『南海の翼』と比べると
良くも悪くも大人しく終わってしまったという印象です。
その分後味はいいので読みやすくはあるのですが…。

とはいえ、今回の話もいつも通り楽しめるないようでしたし、
天野さんの作品は今後も追っていきたいと思います。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック