手を出したものの感想を書き溜める場所
『戦国妖狐 17』 感想
戦国妖狐 17 (BLADE COMICS)
水上悟志
マッグガーデン (2016-06-10)
売り上げランキング: 2,347

完結です。
いつの間にか全17巻…長いわ!
しかし最初から最後まで楽しませてくれる作品でした。

今まで何度も言ってますけど、このシリーズ、
10巻は超えないと思ってたんですよね。
最初は迅火編だけで終わりだと思ってましたし、
千夜の掘り下げなんかはもっとあっさりやるもんだと。

しかしいざ第2部が始まってみると
むしろこの物語は千夜の掘り下げがメインという感じで
10巻を超えてもまったく終わる気配が見えなかったですし、
無の民との決戦が始まってからもこれまた長かった。
流石に若干ダレた部分はあったものの、
それでも毎回新刊が出るのが楽しみなシリーズでした。

自分は最終回は98話のようになると予想していたんですけど、
その後の1話があったことで評価が跳ね上がりましたね。
これは自分の価値観では不老不死の人物が不死を捨てるよりも、
不死のまま楽しく生きていく方が好きというのが大きいかと。
不死の寂しさを描くだけでなく楽しさも描いて欲しいとは
常々思ってるんですけど、なかなかそういう作品がない。
そういう意味でもこの最終回を見せてくれたことには感謝です。
もしかしたらこの物語で一番好きな話かもしれません。

そんな感じで、割と全員が好き勝手に生きた結果、
だいたい幸せになるという作品だったこともあって、
読後の爽快感はかなりのものでした。
水上さん、スピサーの方も終わって今は休養中のようですが、
今後も生きる気力を与えてくれる作品をお願いしたいです。

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック