手を出したものの感想を書き溜める場所
『貴族探偵対女探偵』麻耶雄嵩 感想
貴族探偵対女探偵
貴族探偵対女探偵
posted with amazlet at 16.05.27
麻耶 雄嵩
集英社
売り上げランキング: 128,968

タイトル通り、2人の探偵の対決に主軸を置いた短編推理小説集。
ヘンテコな推理小説を書き続けている麻耶雄嵩さんらしく、
この本も一筋縄ではいかない内容になっています。

対決物といいつつも実際には女探偵はワトソン役で、
まず女探偵が間違った推理を披露した後に
貴族探偵が真相を明かすというのが毎回の基本的な流れ。
しかしこの貴族探偵というのがなかなかの曲者で、
自分では推理せず毎回異なる使用人に推理させるんだから面白い。

女探偵も突っ込んでいるようにそれで探偵といえるのかという
モヤッとした感情が残りまくるのは確かですが、
毎回推理する使用人が違うという設定は
推理披露シーンのマンネリ化を防ぐには良いアイディアかも。
実際、自分も事件の真相だけでなく真相の披露の仕方まで
楽しみながら読むことが出来ましたからね。

そんな貴族探偵のフリーダムっぷりが目立ち過ぎて
事件の方の印象は正直薄かったりするのですが、
最初から最後まで楽しめたので結果オーライでしょう。
道が崩れたり海が荒れたりして警察が介入できないというお約束も
こういう雰囲気の作品には似合っているのではないでしょうか。
短編集としての最後のオチも綺麗に決まっていましたし、
ヘンテコな推理小説が好きな人にはオススメな作品だと思います。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック