2016/05/07

『ISLAND』 感想

公式はこちら
フロントウイングの最新作である一般向けゲーム、
『ISLAND』をクリアしてみました。

…うん。すごく、おもしろかった(こなみかん

いやもうホントこれにつきます。
体験版の内容はお馬鹿な主人公と可愛いヒロインたちによる
平凡なドタバタコメディちっくな会話がメインでしたし、
未来編の予告があったとはいえ不安は拭えなかったのですが、
最終的には自分の予想を超えた壮大な物語を見せてくれました。
やっぱSFは全力で大風呂敷を広げなあかんでしょ!

でも全体の構成としてはちょっとスロースターター気味かな。
体験版ではSF要素はちょい見せ程度でしたし、
夏蓮ルートなんかも青春物っぽい雰囲気が強かったです。
このルートも面白くないわけではないのですが、
全体から見るとウォーミングアップ的な位置ですかね。
しかし紗羅や凛音のルートは伝奇SFホラーとも言えるような
謎が謎を呼ぶ展開が多く、最後まで気が抜けなかったです。
割とヤンデレちっくな演出が多かったのも実に僕好み。

まあ、この作品が本気を出すのはここからなのですが、
流石にネタバレするわけにはいかないので割愛。
予告の未来編を見てそっち方面の話を全力で期待した状態で、
それでもなお期待の上を行かれる内容だったと言っておきます。
設定を使ったミスリードからのどんでん返しが非常に多く、
何度も何度も騙されてしまったのは悔しいやら嬉しいやら。
あの結末をどう取るかは人によって大きく分かれそうですが、
個人的にはちょっと切ない感じが大好きな終わり方でした。

引っかかったのは主人公が悩み過ぎなところですね。
大きな問題なので悩んでしまうのも分かるのですが、
後半はもう少し覚悟完了してシャキッと動いて欲しかったです。
決めるところは決めるのですが、そこまでがちょっと長い。
まあそれを補って余りある物語の面白さに助けられた感じですね。


まとめ。
久し振りにガチなシナリオゲーをプレイした気がする。
プレイ時間的には大作と呼ぶのに相応しいボリュームでしたし、
細かい伏線を回収しつつ壮大なSFに纏め上げた手腕はお見事。
タイムトラベルという定番の素材を扱っていながらも、
最後まで退屈させない意外性を持った作品に仕上がっています。

一般向けと聞いてどうなることかと思いましたけど、
この出来ならエロ抜きで勝負したのも納得できる出来でした。
エロシーンを入れられそうなタイミングはありましたけど、
この内容ならエロは入れない方が綺麗かもしれませんね。
シナリオだけで勝負できるゲームはもっと増えて欲しいですし、
そのためにも口コミで売れて欲しい作品です。

以下ネタバレで少しだけ。

ループ物と見せかけてループ物じゃなかったのが良かった。

いや個人的にはループ物ってあまり好きじゃないんですよね。
もちろん出来が良くて楽しめる作品も多いのですが、
どうしても読後に納得できないものが残るというか。
その点、この作品は未来へのタイムマシンというのが
ミスリードになっていて上手く意表を突いてくれました。

ラストがリンネ寄りだったのも良かったです。
最初は凛音エンドがトゥルーエンドだと勘違いして
ちょっとガックリしてしまったのですが、
それだけにRe:ではめっちゃテンション上がりました。
最後の最後までどんでん返しを忘れない姿勢は素晴らしい。
同じ歴史を繰り返す設定はご都合主義ではあるのですが、
それが気にならないぐらい爽快などんでん返しでした。

しっかし怖い場面の多いゲームでしたね。
特に印象的だったのは凛音が殺意に目覚めたシーンとか
紗羅がチキンスープを作ってるシーンでしょうか。
あそこら辺は本気でヤンデレルートに入ったと思いましたよ。
それとは別に刺さったのは玖音の怒りの涙かなー。
凛音ルートが普通にいい話だっただけに
あそこまでマジ切れされたのは衝撃的でしたね。
まあ主人公が度忘れマンですししょうがないですけども。

あの終わり方だと結局人類は救えていないですし
そこは賛否が分かれそうなところですが、
世界の謎に決着は付いているので自分的にはOKかなー。
こういう少し続きを想像させるぐらいの終わり方は好き。
久し振りにセンスオブワンダーのあるゲームだったと思います。

コメント

非公開コメント

小生は今年購入したエロゲは29本と、ごく平均的な一般人代表ですが、
なぜか白のスク水とか、そこまでジブリールしてなくても良い気がしましたが、最高でした、最高という文字を惜しみなく使える、素晴らしいSF大作でした
エロなしという部分でこの作品をやらないのは人生損するレベル、最後のもう一度未来を変えるために再びというのも、良かったですよ
それにしても、カレーを食べたくなる作品でしたなぁ、

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

白スクといえばジブリールも確かにそうでしたね。失念しておりました。
しかしこれほどの大作を見せてくれたフロントウイングには頭が下がるばかり。
今のところ周囲の評価も良いようですし、もっと広まって欲しい作品です。
ちなみに自分は焼きとうもろこしを食べたくなりました。

拝見させていただきました。

自分の解釈としましては、Reの最後は、「未だ救われていない最後の少女の名を」とあるので、過去へのタイムマシンは実現して過去全ての凛音は救済済みであり、あとはリンネ(玖音)を救うだけという場面であると考えています。
とするならこれからリンネも過去の凛音と同様に救い世界を救うエンドと見なして構わないと思います。

稚拙な文章で失礼しました。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

確かに最後を読み返してみると後はリンネを救うだけと取れますね。
だとすればハッピーエンドは近いということか…。
これで少し心が軽くなりました。