手を出したものの感想を書き溜める場所
『さよなら神様』麻耶雄嵩 感想
さよなら神様
さよなら神様
posted with amazlet at 16.05.05
麻耶 雄嵩
文藝春秋
売り上げランキング: 35,691

とある小学校を舞台にした変則ミステリー小説。
本の構成はミステリーでよくある短編連作集になっています。
各短編ではまず最初に神様を名乗る小学生・鈴木が犯人を明かし、
主人公属する少年探偵団が捜査するという流れになっています。

最初に犯人が明かされるという構成は
ミステリーでは珍しくないものなのですが、
この作品では主人公の周りの人間が犯人として指摘されまくり、
主人公が胃を痛めながら捜査して行くというのが特徴。
神様である鈴木は特別としても、主人公や探偵役の市部は
小学生にしては大人び過ぎているように感じられますが、
そこを除けば話の先が気になる展開になっています。

基本的には鈴木の指摘した犯人に反抗が可能かという点を
突き詰めていくという思考ゲームのような話が多く、
犯行が可能だったと証明されても物的証拠がないせいで
犯人が野放しになる展開が多いので後味はモヤッとしますね。
とはいえそれがこの作品独特の雰囲気を作っていますし、
最後の着地点まで一貫しているのでモヤッとしつつも
スッキリしているという何ともいえない読後感があります。

同じ構成の本ではちょっと前に『化石少女』を読みましたけど、
後発の化石少女よりもこっちの方が面白かったです。
あちらは古生物部という設定が浮いていたのに対して、
こっちの探偵団という設定は流石に事件との相性が良いですね。
特に「バレンタイン昔語り」は見事な出来で、
最初から最後まで意外な展開が詰め込まれていました。

「神様」という飛び道具設定に負けることなく、
ミステリーとしての構成の妙を見せ付けてくれる一冊です。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック