手を出したものの感想を書き溜める場所
『池田屋乱刃』伊東潤 感想
池田屋乱刃
池田屋乱刃
posted with amazlet at 16.04.15
講談社 (2015-01-09)
売り上げランキング: 95,655

かの有名な池田屋事件に関わった5人の人物を題材にした短編集。

各話の主人公となったのは、
福岡祐次郎、北添佶摩、宮部鼎蔵、吉田稔麿、乃美織江の5人。
自分が知っていたのは宮部鼎蔵、吉田稔麿ぐらいですが、
どの短編も伊東さんの小説らしい面白さの溢れている作品でした。

福岡祐次郎はほぼ記録が残っていない人物ですが、
そんな彼を新撰組のスパイとして設定したのは上手い。
組織に潜入したスパイが組織に感化され裏切るというお約束を
幕末を舞台にして見事に見せてくれました。

北添佶摩の物語は福岡とは対になっていると言えるかも。
流されるままに新撰組に入り志士へと転化していった福岡と
最初から大望を抱いて志士になった北添は対照的ですね。
そんな福岡と北添が死の間際に通じ合うという展開が実に熱い。

宮部鼎蔵と吉田稔麿はどちらも大物ではあるものの、
それ以上の大物である吉田松陰の出番が多いお話でしたね。
二人とも立派な人物なのは確かですが、
そんな彼らを熱意一つで維新の嵐に引きずり込んだ松陰。
なんというか、そのカリスマには少し恐怖を感じてしまいます。

ラストの乃美織江の物語も、半分は木戸孝允の物語。
「逃げの小五郎」の真相について掘り下げた作品で、
分不相応に待つり上げられた木戸が自分の卑怯な行動について、
かつて仲が悪かった乃美に吐露するという内容になっています。
維新の立役者として華々しい人生を送った木戸と、
存在感をなくし市井に埋もれていった乃美。
しかし二人の最期は乃美の方が遥かに痛快なんですよね。

志士側の視点で池田屋を描くということもあって
読む前は無念さ溢れる作品になるかと思っていたのですが、
実際に読んでみると、どいつもこいつも満足しているせいで
かなり爽快な読後感の残る作品になっていました。
まさに「わが生涯に一片の悔いなし」な短編集です。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック